JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 800
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

ちょっと相談なんですが聞いてください。 昨日、3/23(水)家族で夕飯を食べている時に 息子が”猫って潰して

質問者の質問

ちょっと相談なんですが聞いてください。
昨日、3/23(水)家族で夕飯を食べている時に
息子が”猫って潰していいの?”と変な質問がありました。
”何で変な事聞くの
”学校で同級生が白い首輪の付いた、首に傷のある猫を潰した(殺した)”と言ってたみたいです。
家の猫で、白い首輪の付いた、首に傷のある猫が3/22(火)に家から逃げてしまい探していました。
昨日も仕事の間に家の近所を捜索しましたが居ません。
昨日、息子の学校の担任にも連絡しましたが、昨日は卒業式で2年生はお休みなので、本日確認するみたいです。
今も居ても立ってもいられません。 家族の一員が殺された憤りで何もできません。
まだ、その子が虐待したかは確かではないですが。
何か良いアドバイスお願いしたいと思っています。
警察に連絡した方が良いのでしょうか?
すいません。 宜しくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
ご質問から少し時間が経過していますが,何か話の進展はあったでしょうか。いずれにしても,仮に本当に買われていた猫が殺されてしまった,ということになると,警察に相談して,殺した物について刑事事件として処罰してもらう,という方向があります。罪としては,器物損壊と同じ条文ですが,動物を傷害したものとして3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料,となっています。ただ,加害者が少年ということになると,家庭裁判所で少年審判を受けて,保護観察や重ければ少年院,といった処分になります。一方,こういうことをされたので,損害賠償,慰謝料の請求も可能です。いずれの方向でも,証拠,は必要となります。本人がそう話していた,ということが発端ですが,どこでその死体が見つかるか,どういう痕跡があるかなどの証拠収集が必要です。警察や学校がやってくれればいいですが(その方向で相談すべきだと思います),そうじゃないときにはこちらで調べなければならなくなります。加害者の話からいろいろと見つかった,などとなると,加害者の話の信用性が高まりますので,証拠として十分となってくるでしょう。
bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
御連絡ありがとうございました。
3/25(金)学校の先生とお話しが出来ました。その内容をご連絡します。
3/25の朝一に先生が、その息子の同級生の子を呼んでネコの虐待の件を確認したみたいです。
その様な事実は無いと言う回答でした。
”ツブス”と言う言葉はその子は使っていないし殺していないと言っていたみたいです。その後に私の息子も呼ばれて、逆に”家の人に変な話はしないで”と逆に注意したみたいです。
その話題事体が息子の空想になってしまいました。その後先生はその同級生の母親に電話で確認したそうです。
ネコを殺していないと言うことでした。学校側の出来る事はこれだけみたいです。
”ツブス”と言った事実が息子の空想なら何も進められないのでしょうか?先生のデリカシーの無さが息子を傷つけます。警察に行っても証拠がありません。
その証拠を探す方法が見当たりません。私はその子に二度と動物虐待をしないように、なってくれればいいと思っています。
生き物の命の大切さを知ってくれればいいです。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
いじめの問題と同じですが,学校側は,本人から言い分を聞き,本人が否定すれば,そんなことはしていないといっている,それ以上は学校側としては何も出来ない,というスタンスであることが多いのですが,今回もそういうことでしょうか。証拠を探す方法,ということになりますが,やはり,殺されてしまった猫,それが発見されるのが一番ではあります。もし,無事に猫が帰ってきたら,この話は何だったのか,ということにもなります。空想なのかどうかはまだ分かりませんが,お子さんの全くの空想とも思えません。何らかの発言が,自分の家の猫とは関係のない発言であったとしても,ひっかかったのは事実でしょう。もしかしたら,その子と,息子さんとの間に何かあるのかもしれませんが,このあたりもまだ分かりませんね。ご指摘の先生の対応は,こちらが嘘つき呼ばわりしている,これは事実がないことを前提にしています。ただ,今回は,事実は分からない,という程度であるはずですね。分からない,確認できないのに,こちらが嘘をついている,という評価をしてしまう。こういう先生がいることが残念ですが,私もいじめ防止委員会でいじめの調査をしていますが,こういう対応が現実的にはあります。証拠を探すことは方法としては難しいですが,今後,何らかあったときのために,今回のことをメモでもいいですから,しっかりと記録されておくと,今後に何か使えるときが来るかもしれません。飼われていた猫の件は,解決しないままで残念ですが,今のところの証拠状況では,これ以上は難しいというところかと思います。

刑事告訴・告発 についての関連する質問