JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1035
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

長男が一年前に発生した職場での窃盗容疑で逮捕されてしまいました。一年前にも職場で事情聴取があり、私も事情を聞いて弁護士さんにも相談したのですが、一貫して否認しています。 3月3日

質問者の質問

長男が一年前に発生した職場での窃盗容疑で逮捕されてしまいました。一年前にも職場で事情聴取があり、私も事情を聞いて弁護士さんにも相談したのですが、一貫して否認しています。
3月3日に逮捕され、以降ずっと黙秘しているとのこと。現在、本人からの申し出で国選弁護人の方が選任されたのですが、土日を挟んだため、本人への面会もできていません。今後のベストについて相談ができればと考えています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
質問者: 返答済み 1 年 前.
追加です。今後のベストというのは、母親として私ができることの最善という意味です。夫(長男の父親)とは離婚しています。
国選に専任された弁護士の方から、本人が「もう面会も差し入れもいらない。これで縁を切ってほしい」と言っていると聞きました。明日、面会と差し入れに行く予定ですが、会えるかどうかもわかりません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
何度も追加、申し訳ありません。長男は小学校のときに発達障害(AHDA アスペルガー)との診断を受け、高校卒業までカウンセリングと必要に応じて投薬を受けていましたが、その後は特に大きな問題もなかったのでそのまま大学進学、在学中のアルバイト先であった郵便局で引き続き勤務していました。注意欠陥多動性障害の影響で、物の管理がうまくできずにいたのですが、勤務についてはそれなりにちゃんとしていたようです。勤務先にはこの既往症については告げていませんでした。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
国選弁護人がついたのですし,事情がわかっていないとベストなアドバイスは難しいところですが,弁護士なら土日でも面会できますから,弁護士と相談しながら進めていくのがまさにベストです。本人が面会を拒否するような姿勢を示しているようですが,母親としては関係を切るわけにもいかないと思います。本人が拒否しても,弁護士を通じて,これまでの事情,今後のフォローには協力していくべきところです。もっとも,今回の件が本当に本人が言うように無罪ということなのか,苦しい言い訳をしているところなのか,そのあたりはこれからということにはなりますが,読んだだけの感想でいけば,非常に苦しい言い分です。警察はそう簡単には信じないと思います。これから厳しい取り調べでの追求をうけるでしょう。病状についても弁護士にも伝えていくべきですが,その影響がどれだけあるのか,そこは難しいところです。なお,可能性として弁護士以外の接見禁止となるのではないかという気がします。そうすると,面会したくてもできませんので,弁護士を通じて状況を知るほかないことになります。接見禁止がつかなければ,母親として面会をするか,あるいは手紙を書くか(郵送するか,差し入れをするか)などして,関係は切らず,今後の再犯防止のため,場合によって再度のカウンセリングなどをさせるかなど,(場合により先に医師の意見も聞いておく)必要な協力をしていくべきだと思います。
bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございました。
本人(長男)は昨年からずっと窃盗については否認しています。ただ、あまりにも状況が本人に不利であり、反証できる証拠もありません。
わたしとしては、もし長男が窃盗をしたのであれば、きちんと罪を認め謝罪、賠償を行い、その後の公正に尽力したいと考えています。
ただ、本当に窃盗しないのなら、それはしっかり主張したいと思うのですが、現状の困難さを考えると非常に悩むところです。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
そうですね,似たような事案を担当したこともありますが,苦しい言い訳はやはり通用せず,結果的に認めていった,ということもありました。このあたりは,じっくり面会できる弁護士が,本人と話していくことだと思います。ただ,弁護士としても,本人がそのような言い分をして,そう信じてくれといわれれば,その方向で動きます。認めて弁償した方がかるくなってすむ,ということはもちろん考えられるのですが,本人がやっていないという以上は,そういう前提で活動します。ただ,いろいろと不利な証拠がだんだんと分かってきますので,弁護士からも,そういう証拠だと言い訳は聞かない,否認し続けると,起訴され,否認の姿勢などで重めの求刑,となっていくが,それでもいいのか,そういう具体的な話をしていくことになりますね。このあたりは,どこまで本人を信じるべきか,ということにはなります。もし本当にやっていないのなら,その一番の協力者になるべきは,弁護士であり,親です。そうすると,困難な現状でも,子がそう言っているのであれば,それを前提に行動せざるを得ない,というところではないでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。何とか本人に接見できるように求めていきます。また弁護士の方とも相談を重ねるようにします。
これまでの本人の弁や周囲への相談の状況から、わたしは窃盗は無いと思いたいのですが、わたしの関知し得ない事実もまたあるかと思います。
可能な限り冷静に、長男の将来にとってよりよい方法がとれるように努めたいと思います。ありがとうございました。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
そうですね,そうされてみてください。繰り返しになりますが,本人が否認している場合,家族との面会は制限される(接見禁止)ということが多いです。そうなると面会はできなくなりますので,そのあたりも警察か,弁護士に聞いてみてくださいね。こちらこそありがとうございました。

刑事告訴・告発 についての関連する質問