JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 813
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

はじめまして、山室といいます。初めて使わせてもらうので伝わるかどうかわかりませんが、よろしくお願いします。 先日、

解決済みの質問:

はじめまして、山室といいます。初めて使わせてもらうので伝わるかどうかわかりませんが、よろしくお願いします。
先日、趣味で持っていたヌンチャクをたまたま車に入れていたら、職質に会いヌンチャクはいけませんね~と言われ、そのまま警察署に行き調書を取られ、ヌンチャクを処分させられました。その後検察から連絡があり、検察まで出頭させられ、2/2に略式命令9900円が届きました。
軽犯罪法違反 同法第一条第2号です。
コンビニの駐車場で怪しい行動を取っていた訳でもなく、ただ仮眠を取っていただけなのに、警察からの職質にも疑問があることと。
検察での再調書の時もほぼ雑談程度で「もし使ったら危険・もし誰かが使ったら危険」などすべてもしもの話しでした。にも関わらず今回の処分、金額自体は高くはないと思いますが、
再犯でもなく任意同行にも全て素直に応じヌンチャクも処分したのに、注意程度で済むはずのものがあまりにも納得がいかず。意義申し立てをしたいのです、もしも自分が加害者で少しでも刑を軽くしてもらいたいなら弁護士さんにでも費用を出してお願いするところなのですが。なにぶん今回の件は納得がいかなさすぎるのと小額なので弁護士費用が高くつき費用面だけで言うと逆に損をする可能性が高いので、本人訴訟をしたいと思っているのですが。
正直、検察相手に弁護人を立てない個人が勝てると思っていません・・・ですが・・・
それでも0,1%でも勝てる可能性を上げるのに言ってはいけない「言動」必要な「書類」やった方がいい事、等あれば教えていただければありがたいです。
それと、今回の件で、上訴をしてもいい・・絶対しない方がいいなどあればアドバイスください。
それと、軽犯罪法の適応には本来の目的を逸脱することなく・・・濫用をしてはならない等あります。
本来の目的とは何なのでしょうか?
そして、本人裁判での流れ、言い分を書いた書類は裁判に持ってでれるのか、裁判員はつくのか、軽犯罪法違反 同法第一条第2号
での被告側の否定できるような証拠はどんなものがあればいいかなど、、、その他素人だけに気付かないことがあればアドバイスお願いします。
まとまりがなく申し訳ないのですがお答よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
質問者: 返答済み 1 年 前.
そして、裁判に負けた場合更に上訴するときのメリットデメリットもアドバイスお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
度々すいません、民事などに切り替えれるなど、その方がいいとかはないでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.
結論的にいうと,争っていくのは非常に厳しいと思います。
ヌンチャクをもっていた理由は何でしょうか。
軽犯罪法では,正当な理由なく,ということになっていますが,護身用だといったとしても,それだけではなかなか信用してもらえないはずです。世の中で護身用でそのような物をもっている人がどれだけいるのか,護身用というのは本当か,
そういったことを疑われると思います。
仮に,スポーツなどの大会があって,その競技の関係でもっていたとか,何かの撮影とか,
何らかの理由があればいいのでしょうけども,
それ以外だとなかなか厳しいですね。
もちろん,護身用などとして,これまでの経験などからこういった護身が必要などと,争っていく余地はあると思います。
一般的には厳しい話であることを前提に,それでも,自分にとっては必要であったことを訴えていかなければなりません。
これは,あくまでも刑事事件としての話ですから,これを民事の賠償に切り替えるというのはないでしょう。もし,刑事事件としての処罰をされなくなったとなれば,何らかの賠償を求める話もあるとは思いますが,そうではないのに民事というのも,認められないのではないでしょうか。
仮に刑事事件でどうしようもなかったとして,上訴したとしても,結論的には変わらないと思っておいた方がいいと思います。軽犯罪法は,思っている以上に適用しやすい法律で,実はもっと他の事案にも適用できるが,していない,そういうもののように感じています。
bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問