JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 813
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

司法警察職員故意に右手の甲部分に全治5日傷を付けられました 傷害罪幅が広く204から208まであります刑法第何条に

解決済みの質問:

司法警察職員故意に右手の甲部分に全治5日傷を付けられました
傷害罪幅が広く204から208まであります刑法第何条に当たりますか?
宜しくお願いします
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

故意にケガをさせられたのだとすると,204条の傷害罪です。

ケガをしていないが殴られたといったような場合が暴行罪です。

あとの問題は,職務質問のときに行われているようですので,警察官としての職務上でのことでやむを得なかったこと,ということになると,

形式的には傷害罪に当たるとしても,正当な業務のなかでの行為ということで,違法なものとはいえず,

結果的に傷害罪として処罰されることはない,

となることも考えられます。

司法警察職員から受けた行為ということになると,悪質なものではない限りは,このような職務上の行為ということで処罰されない,という結果になることも多いのではないでしょうか。

bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問