JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 802
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

お世話になります。 現在転職活動をしているのですが、その転職先に対して、私に関する虚偽の情報を流している人間が

質問者の質問

お世話になります。
現在転職活動をしているのですが、その転職先に対して、私に関する虚偽の情報を流している人間がいるようです。
その場合、適用されるのは名誉毀損罪(230条)でしょうか。
それとも経済活動における信用が毀損されることから虚偽風説流布業務妨害(233条)が適用されるのでしょうか。
ご教示いただきたくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

虚偽の情報は,現在考えておられる転職先である大学の担当課にだけ送られたということでしょうか。限られた範囲ということになると,名誉毀損にはしにくいところでしょうね。

今回の転職活動について,まず信用毀損のようなことを書かれていますが,信用毀損罪(223条前段)は支払能力などの経済的能力に関する信用に関わるところですので,

もしこれが関係するようなことであれば,信用毀損罪も考えられます。

もっとも就職活動をじゃまするような情報ということになると,

就職活動を妨害されたということで,業務妨害罪(223条後段)を考えるというところでしょうか。

このあたりは,今後の転職活動に当たり,希望先大学が当方の主張を理解して,流された情報が誤りだと認め,転職を認めてくれれば,

結果的に刑事事件としてのインパクトが弱くなるので,

民事での,就職活動を妨げるようなことを流したことに対する損害賠償となり,

就職を認めてもらえなかったという事態になれば,

刑事事件として警察に相談するとともに,民事として,いらぬ就職活動をしなければならなくなったことなどの損害賠償請求をしていくことが考えられますね。

ただ,警察が前職会社との個人的トラブルの事案だととらえてしまうと,

刑事事件としては積極的に動かないということも考えられます。

何らかのトラブルがあってこんな情報を流されたのだとすると,そのトラブルは何なのか,

原因はどこなのか,

それ次第では,原因の除去をしたらとのアドバイスだけで,刑事事件としてまでは

事件としては扱ってくれない,

そうなることもあり得るのではないかと思います。

あとは,流された情報の中身で,何が問題なのか,どこまで問題なのかということも,

事案をどのように進めていくのがよいか,ということにも関係するように思います。

何をどう違う情報としたのか,なぜそのような情報を流したのか,

その理由によって,例えば民事での損害賠償請求をするとしても,

どの程度の賠償金(慰謝料)となるのか,が変わってきますね。

bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

早急にご回答いただきありがとうございます。

本学校には既に過去に3度落ちており、

今回が4回めとなります。

その全てにおいて虚偽の風説流布が影響していたとすれば、1回落ちただけの場合よりも被害、違法性は高くなるのでしょうか。

ここで、刑事事件として取り扱ってくれるインパクトとはどの程度でしょうか。例えば、営業妨害(233)によって4回落とされたことを苦に私が自殺などするような程度のインパクトがなければ警察は被害届を受理しないものでしょうか。

また、沖縄科学技術大学院大学は、100%国税で運営されている国立大学のような学校です。したがって、例えば情報公開を請求すれば、私が何の理由で落とされたのかについても開示を請求できるものでしょうか。

参考URL: https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure

以上ご教示いただきたくお願いします。

専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

回数が増えるとなれば,違法の度合いは高まりますし,慰謝料にも反映してくると思います。

確かに,警察を動かそうとすると,何らかのインパクトなどは必要ですが,

それとともに,どういう情報を流したのか,それがどこまで虚偽なのか,

その悪質性も大きく影響するのではないでしょうか。

もちろん,自殺などとなれば大きな事態になってきますが,

そうすると被害届を出す当事者がなくなっていることになり,逆に捜査しないかもしれません。

情報公開で教えてもらえるかどうかですが,採用不採用にかかる理由については,ある程度の裁量的判断があるでしょうから,これをすべて公開することにはならないのではないでしょうか。

流された情報がどういう情報で,それが就職にどう影響して,

かつそれがどれだけ虚偽なのか,

そういったあたりが本件ではポイントとなってくるように思います。

刑事告訴・告発 についての関連する質問