JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

誤って(寝ぼけていて)住んでいるマンションの隣の部屋に入ってしまい、リビングで寝ていた住人と鉢合わせしてしまいました

解決済みの質問:

誤って(寝ぼけていて)住んでいるマンションの隣の部屋に入ってしまい、リビングで寝ていた住人と鉢合わせしてしまいました。
私はそのまま走って逃げました。
罪になりますでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
今回問題となるのは,刑法130条前段の住居侵入罪です。
(住居侵入等)
第百三十条  正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
この罪が成立するには,故意が必要です。
故意とは,今回の場合「他人の家だと認識したうえで,侵入すること」です。
質問者様の場合,寝ぼけて間違えて入ってしまったわけです。
ですから,故意がなく,住居侵入罪が成立しないと考えます。
よって,捜査の手が仮に質問者様に及んだとしても,質問者様が裁判にかけられるといったことはないと考えます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問