JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

私は電気工事をしているのですが゛先日他業者が置いていたレーザー墨出し器を誤って倒してしまいました。壊れたから弁償しろ

質問者の質問

私は電気工事をしているのですが゛先日他業者が置いていたレーザー墨出し器を誤って倒してしまいました。壊れたから弁償しろというのですが修理代金を弁償しなくてはいけないのでしょうか・・・
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
司法書士です。
そのレーザー墨出し器を質問者様の不注意で壊してしまったのであれば、残念ながら弁償しなければなりません。
相手は質問者様に損害賠償を請求する権利が発生するからです。
ただ、問題はどの程度までの金額を賠償するかということです。
通常は、その壊れた墨出し器を修理する代金か、中古で壊れる前と同程度の状態のものが買える金額のどちらか安い方の金額で十分です。もし相手が「新品でなければダメだ」という主張をしてきても新品を弁償する必要はありません。あくまでも壊れた機械の修理費用か中古品を弁償するかのどちらかで十分です。
質問者: 返答済み 2 年 前.

狭い作業場所で作業していたのですが、使用が終わったにもかかわらずいつまでも置いておいた相手にも過失があるような気もするのですが。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
そういう事情があったとしても、全面的に質問者様の賠償が免責されることはないでしょう。相手からしたら「一言声をかければ片付けたのに」と言われてしまえば何も言えなくなってしまいます。
ただ、今回のケースですと相手にも少しは過失があるようですので、相手にも弁償の代金を支払ってもらうことは可能と考えられます。
どの程度の過失を負担するかは、話し合いになります。話し合いがまとまらない場合は裁判になりますので、お互いに譲歩し合うほうが、お金も時間もかからないでしょう。
私の考えでは、質問者様7:相手側3くらいの過失割合で負担する、ということでまとまれば、うまくまとまったと考えます。
shihoushoshikunをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問