JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

職場で服務のため、持ち物等を抜き打ちで検査することがあった場合、許容範囲はだれがどのように決めるのでしょうか?個人の

解決済みの質問:

職場で服務のため、持ち物等を抜き打ちで検査することがあった場合、許容範囲はだれがどのように決めるのでしょうか?個人のバッグの中や日記等もチェックできるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
個人情報の保護=プライバシー権の保護と、職務専念義務との比較考量の問題です。しかし、持ち物検査は、犯罪捜査の場合でも制約がありますから、本人の意に反してまで(有形力の行使といいます)カバンの中身を開けてみるなどは不当を通り越して違法といえます。
  病休はこれは有給のことでしょうが、理由を詮索することはできませんから、病院に問いあわせはできないし、したら違法ということになります。基準は会社により異なるのではなく社会通念、社会的相当性という客観的な基準です。
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問