JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

親父が昨年73歳で他界しました。 生前、親父は疑心暗鬼なところが強く、自分の通帳関連を実家の親戚兄弟に預け、

解決済みの質問:

親父が昨年73歳で他界しました。
生前、親父は疑心暗鬼なところが強く、自分の通帳関連を実家の親戚兄弟に預け、
自宅では所持しておりませんでした。
亡くなる4年前くらいから病を患い、入院費を工面刷るため返却を依頼したところ
【親父の預金は親父のもの】の一点ばりで門前払い。
親戚一同は、納骨の日にそれらを返却してきました。
60歳後半からフィリピン女性との付き合いがあり、
そちらにかまけてお金を使いすぎ、我々家族に知られる事を恐れて
口止め料代わりに預けていたと思われます。
親父の預金とは言っても、家族の資金(家の立替、結婚資金)等を親父名義で
貯めていたため、全てが親父の貯金ではありません。
いくら女性に貢いだとしても、田舎の人間なので、数百万くらいだと思います。
しかし、戻ってきたのは金額は、想像を絶する残高でした。
私や母の貯めた金額すら残ってない状況です。
親父がお金を預けていた間(約8年)に、本家側では
判っているだけでも、本家の建替え、姪っ子の家の建替え延べ3件
と車が4台購入されてます。
親父は、3男です。
兄弟(長男)の会社で病に倒れる定年まじかまで働いていました。
もちろん、退職金なんてあったのかどうかも判りません。
親父の使った金がフィリピン女性にに貢いだものであれば、
諦めがつきますが、親戚からみで不当に使われたとしたら問題です。
事実を確認した上で、裁判なり、訴訟も見据えたいと思ってますが、
何か調べる方法はありますか?
ちなみに親父の過去10年間のお金の動きは、銀行等にお願いして調べてあります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

相手方らが購入した財産のお金の出どころを調べる方法ですね。
残念ながら,直接調べる方法は存在しません。
なぜなら,お金に色はないからです。

しかし,間接的に調べる方法はあります。
過去10年間の預金口座のお金の出し入れと相手方が購入した財産の価格及び時期を比較することで,お父様の預金から購入したのではないかと推測することはできます。
そこまで比較してめどをつけた上で,相手方に説明を求めることが有効かと思います。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答有難うございます。

やはり、策は無いのですね。間接的に調べる方法については、

こちらでも判っている内容でした。

こちらで調査して目処をつけたとしても、一族ぐるみで隠蔽されると思いますので、無駄に終わると思います。

もう少し、こちらでも考えてみます。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

そうですね,法律家であっても直接的に調べることは残念ながら不可能だと思います。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問