JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

先日、踏切の一旦停止を怠ったとして違反を取られました。2点の9000円でした。 しかし、自分は停止し、左右を確認し

解決済みの質問:

先日、踏切の一旦停止を怠ったとして違反を取られました。2点の9000円でした。
しかし、自分は停止し、左右を確認しました。妻も同乗していてそれを確認しています。
違反の証拠映像もしくは写真を見せてほしいと言ったところ、ないと言われましたので罪を否認しました。
近々、簡易裁判所に出頭することになっています。無理やり罪に陥れられたようで、釈然としません。
渡された交通違反通告書に書かれた違反時刻も、踏切を通過したであろう時刻と20分も違っているなど、あまりにもずさんです。
警官の一人から「踏切だったの知らなかった?」と尋ねられ、突然、警官に車を止められ(しかも後ろから走ってきてで、非常に突然でした。)質問されて、意味が分からず「分かりません。」と答えたことを逆手に取られ、通告書を渡されるとき「踏切だったことが分からなかったから停止しなかったんだ。」と決め付けられました。
しかし、その道は、通いなれた道で踏切であったことを知らないはずはなく、突然の質問に意味が分からず「分かりません。」と答えたにすぎません。このような状況の対処の仕方をご教示ください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

まず,今まで否認及び黙秘を貫いたことは立派だと思います。

今後の対処の仕方ですが,裁判でありのままを話すことです。
今までの黙秘及び否認は,裁判所で裁判官に直接伝えるために行っていたと言っても過言ではありません。
そのため,裁判で時間をおって説明できるように,記憶喚起しておくことが今できる準備だと思います。

確認ですが,「踏切を一時停止しなかった事実」の立証責任は捜査側にあります。
質問者様が「一時停止したこと」を立証しなければいけないわけではないので,そこは安心してください。

また,2点減点のことですが,無罪になっても履行されることはありえます。
無罪になったのは刑事処分,減点は行政処分で別物だからという理論です。

当然この理論は捜査側の理論に過ぎず,納得できるものではありませんが。
しかし,無罪になった事実を示すことで,不服申し立てや行政訴訟を通じて争うことはできます。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。もう1つだけご教示いただきたいのですが、あれから記憶を何度も反芻しました。

その踏切は、T字路の一端にあり、2方向から車が合流する先にあります。更に踏切を渡った先もT字路になっていて、踏切を渡った車の列に右折車の流れが加わり、毎朝、渋滞となる場所です。

当日は、9時30分ごろで、未だ朝の渋滞が解消しておりませんでした。私は踏切直前で進行方向左手からくる車を1台入れてあげ(私が直進で優先権がありましたが、直進車と左折車が交互に入って踏切を渡っていたため、私もそれに従いました。)ました。

この踏切は、2本の道がT字に交わる接点のすぐ近くにあり、左折してきた車と直進車が並んで踏切を待つスペースが2台分も道路上にありません。

また、踏切を渡った先のT字路も踏切の先ですぐ交わるため、踏切を渡るタイミングを間違うと、踏切上で立ち往生してしまう可能性が高い「渡りずらい踏切」です。

この朝、私は、先ほど申し上げたように、1台車を前に入れてあげました。踏切の先は、渋滞が続いていて、渡るタイミングを計らなければいけない状態でした。

踏切が開いて私の前の車が渡りました。踏切まで約1台分のスペースしかなく、更に踏切の向こうは渋滞でした。私はいやおうなく、踏切前で停止しなければいけない状況でした。そこで一旦停止し、踏切先で1台分のスペースが空いたので、踏切を渡りました。渋滞していたことは、警察官が後ろ(踏切の方向)から徒歩で車に近づいてきたことからも確かです。

つまり私の停止の仕方を警察官は、「減速」ととらえて捕まえたのだと思います。

しかし、状況から停止しなければわたるのが危険な場所です。

警察官も最後に「減速は、踏切不停止になるからね」と念押しするように言っていましたが、なんのことか分かりませんでした。

上記の事から、警視庁交通部交通執行課墨田分室に出頭する前に、私の職業が映像作家であることもあり、その踏切の立地状況を撮影して持参するべきかと考えております。

いかがでしょうか?専門家のお立場からお考えをお聞かせ願いたいのですが・・・よろしくお願い申し上げます。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。
現場の状況がとてもよくわかりました。

踏切の場所を撮影して,写真という形で示したり,また動画と言う形で見せたりというのはとてもよいと思います。

裁判では,一般的に,捜査側も現場の写真を証拠として出すことも多いです。
しかし,現場の写真だけにとどまる場合,そこが朝の時間だと渋滞していることなどが裁判所には伝わらない可能性もあります。
そのため,捕まったのと同じ時間帯の写真や動画を取り,「このような状況だから止まらないということはありえない,自分もしっかり停止した」と主張することは説得力があると思います。

なお,もし映像を出す場合は,編集などせず,そのままの映像の方が証拠能力が高いと思うので,参考にしてください。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問