JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

はじめまして。法人を経営してます。代表者です。以前の代表者(一人株主)が株主総会を捏造し、株主総会議事録を偽造して、

質問者の質問

はじめまして。法人を経営してます。代表者です。以前の代表者(一人株主)が株主総会を捏造し、株主総会議事録を偽造して、役員報酬を2年ほどで約1220万円搾取しておりました。捏造の証拠は2回の総会日時に私の妻が出席していない事と議事録に当然、印字された役員名のみで押印していません。 その他、別途、書類にて、総会日時に元代表者が本店会議室にいなかった(総会議事録と異なる)事を証明可能と考えてます。 刑事告訴(文書偽造)刑法159条3項をしたいのですが・・・警察は受理して、捜査してくれるのでしょうか・・・ 刑事告訴をしているという弁護士事務所へ電話をしていますが、数日留守電のみです。 留守電に伝言はいれていません。 どうしても処罰したいのですが、この程度では警察は動かないのでしょうか・・ 長々、申し訳ありません。

補足

現在、私は、株式譲渡100%にて、この会社を取得し、結果、この事実を知りました。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
確認させてください。

①以前の代表者は一人株主とありますが,その人が100%の株式を所有していたのですか。
それとも他にも株主はいたのですか。
②奥様は株主だったのですか。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.
Customer様

ご回答、ご質問ありがとうございます。

原始定款、及び、株主譲渡時の2点をみる限り、100%株主であったと推認できます。また、原告会社には当時の株主名簿はありません。

妻は、名目上の取締役というのみで、株式は保有しておりません。

設立時からの取締役です。

その他、補足ですが、一人株主について

相反する判決が 東京地裁で 近年ありました。

一人株主なので、正規の手続きが取られていても、唯一の株主の意思によって取締役の報酬が決定されたときには、株主保護の実質が歯からるので、よし とする判決(東京地裁 平成3年12月26日 判事 1435号 134項)

また、これに反対の東京地裁 平成20年7月18日 判例タイムズ1290号 200項 いわゆる豊島園事件です。

これにおいては以下の判事がなされています。(抜粋、省略)

一人株主であっても、会社に対して善管注意義務を負う。

一人株主であっても任務に違背して会社に損害を与えた場合は当然、損害賠償責任を負う。

一人株主であっても、法人格を有する以上は 各々が相手方に対して権利と義務とを有し得る関係である。

(コメント)

告訴状は原案まで作成したのですが、一人株主で責任がないとなると

私の告訴した立場が危うくなりますし、もちろん、容易に受理してくれるとも

思えませんが・・・なかなか、告訴を担当してくださる弁護士さんもおられず

苦しんでおります。 よろしくお願い致します。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

事情,了解しました。

結論からいいますと,質問者様は株主総会議事録を「偽造」と表現されていますが,本件では偽造には当たりません。

「偽造」とは,文書の作成名義人を偽ることをいいます。

株主総会議事録の作成名義人は,株主です。
議事録の中には,出席者として取締役の氏名も出てきますが,それらは作成名義人ではありません。

本件では,確かに,以前の代表者は,株主総会を実際には開催していないにもかかわらず開催している点で問題があります。

しかし,以前の代表者が,以前の代表者名義で株主総会議事録を作成しており,作成名義人を偽っているわけではないので,文書の偽造には当たりません。

この点,仮に株主が2人以上いるにもかかわらず,以前の代表者が1人で議事録を作成し,残りの1人の署名もしたのであれば,偽造に当たります。
しかし,本件では,一人しかいない株主が議事録を作成していることから,偽造には当たりません。

そのため,本件では文書偽造罪は成立しません。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

刑事告訴・告発 についての関連する質問