JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日は回答ありがとうございました。2/17午後1時から4時30分まで、事情聴取をうけました。罪状は詐欺罪とのことです

解決済みの質問:

先日は回答ありがとうございました。2/17午後1時から4時30分まで、事情聴取をうけました。罪状は詐欺罪とのことです。告訴人は当時勤務していた会社の社長名で、架空売上げと循環取引により、会社に損害を与えたという主旨でした。架空売上げをかくすため、何度も架空・循環を繰り返したことは事実ですし横領の事実はありません。事実が判明している最後の取引についてのみ告発されていました。担当刑事さんからは、多分長期に亘り、拘束もありえます、今日は帰ってもらって結構ですとのことでした。出頭に関しては又連絡しますと。周りからは、弁護士さんを早くつけたほうが良いとのことですが、今後の対応についてアドバイスお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun : なるほど、今後も事情聴取が続くということでしょう。現時点では弁護士に依頼しても弁護士が警察の事情聴取に同席することは難しいです。通常は警察の事情聴取の後に検察の聴取があります。その後に起訴するかどうかが判断されます。起訴されてから弁護士に依頼することにしても遅くはありません。もちろん、早めに弁護士に具体的に相談することで今後の対応に素早く備えることができますので、今の段階で弁護士に相談しに行き、起訴された場合に弁護をお願いすることができれば一番良いでしょう。
Customer:

ありがとうございます。相談してみます。

shihoushoshikunをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問