JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

こんにちは、私は工事現場の監督をしています。工事現場の隣接のお宅の奥様がメニエール病を発病したと苦情が入りました。当

質問者の質問

こんにちは、私は工事現場の監督をしています。工事現場の隣接のお宅の奥様がメニエール病を発病したと苦情が入りました。当社としては工事の騒音や振動が全くセロではないが法律で定められた数値以下で工事を行っています。しかし当方としては少なからず罪悪感を感じ奥様へのご迷惑を考慮して金銭を払うことを検討しています。 その場合の相場がわからないのでインターネットで検索していました。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

 メニエール病は心身疾患のひとつであると思いますが、すべての騒音被害者が罹患するものでもなく、あるいはその奥様に既往症があったやもしれません。そこで当該工事とメニエール病との因果関係が肯定される診断書の呈示を求めたほうがよいでしょう。何もなしにお支払いするのはだめだと思います。相場としては、10~50万円といったところでしょうか。それと示談書に「今後、治療費、休業補償、慰謝料等名目のいかんを問わず、何らの請求もしいないものとする。」という請求権放棄条項をつけたほうがよいでしょう。

刑事告訴・告発 についての関連する質問