JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 41
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

母93歳認知症でH19年初から施設で介護。父は15年前に没。子供はA.B.C.Dの4人 Dが母の世話役。H20年頃母の貯金約3000万円(詳細額不明・詳細の証明は無・贈与税の申告

質問者の質問

母93歳認知症でH19年初から施設で介護。父は15年前に没。子供はA.B.C.Dの4人
Dが母の世話役。H20年頃母の貯金約3000万円(詳細額不明・詳細の証明は無・贈与税の申告無)をDが勝手に解約Dの妻名義で証券会社で証券投資に費消-相当額欠損=詳細不明-その残金=1200万円。H24.3Dがうつ病で入院-AがDの依頼でD名義及びDの妻名義の資産全部を管理・Dは1億円以上の金融資産を所持。H24.8頃にAはDの貯金から2600万円を母の資産としてA名義の貯金で預かるがDは退院・AはDに全てを返還。DはAに「母の遺産額2600万円を返せ・拒否なら刑事告訴する」と言っていたがH24.11DはAに母の介護費用200万円を請求・受領した。母はH26.3.30没・A+CはDに「母の遺産として預かっている」と通告しかつ「H20年頃母の預金をいくら=金額?を払い出したのか・母の葬儀経費及び介護経費の精算も含めて民法645条により報告せよ」と求めているがDは無視している  H26.8.15
質問1・Dが母の預金を盗んだことは刑法の適用は無であるが民事面では
払出額を明示しないこと及び妻名義の証券投資口座に移し投資資金とした事は
民法644条(善管注意義務)に違反していると解釈できる
---正しいか???
質問2・母の死亡により資産管理の委任は終了して、資産管理の経過及び結果を
相続人に報告の義務が民法645条に規定してある これを怠っているDは
A.B.Cに対して「債務不履行」である
---正しいか???
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。

刑事告訴・告発 についての関連する質問