JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 954
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

①[警察の被害届不受]を行政裁判できますか?? 更に ②その告訴の時効を教えてください。

解決済みの質問:

①[警察の被害届不受]を行政裁判できますか??
更に
②その告訴の時効を教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.

houmu :

こんばんは。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
昭和25年と書かれていますが、平成25年の間違いでよろしいでしょうか?

行政処分(手続きの受理/不受理や、許可/不許可など)についての争いは、
その処分を知った日から6ヶ月、または処分の日から1年とされています。
従って、受け付けてもらえなかったことは当日知っていたと考えられますから、
この条件に当てはまらないことになります。もっとも、改めて告訴状を提出し、
改めて不受理対応を受けることで、この二回目の事実に基づいて訴訟を行う
ことは考えることが出来るでしょう。

但し、過去の事例を見ますと、告訴状の不受理について、平成23年に行政訴訟
をされた方がいらっしゃいましたが、裁判所は、取消訴訟(不受理処分の取消し
を求める訴訟)の対象となる行政処分にはあたらないと判断しています。

判決では、刑事訴訟というのはそもそも犯罪の事実があったことを伝え、
処罰を求める意思表示ではあるが、この告訴によって捜査が行われ、犯罪事実
等の解明等が行われ、犯人が処罰を受けるということがあったとしても、
これはあくまでも国家秩序の維持のために行われるものであって、被害者の
被害回復などの個人的利益のための手続きではないからと、判示しています。

もちろん、これはあくまでも一事例に過ぎず、ご質問者様が再度同様の訴訟を
提起された場合に異なる判断がされる可能性はありますが、可能性としては
かなり厳しいように思慮いたします。
houmuをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問