JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1359
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

小学校のPTA関連で会費の不正利用の疑いがあり、調査しています。 小学校6年生で積み立てた、卒業対策費という予算が

質問者の質問

小学校のPTA関連で会費の不正利用の疑いがあり、調査しています。
小学校6年生で積み立てた、卒業対策費という予算があり、保護者(B)の仕事上の取引がある業者(D)から、子ども達の記念品を購入しました。
他にもいくつかの記念品を購入しています。
ところが、Bを含めた卒業対策委員3名の保護者(ABC)からの卒業対策費の会計報告を確認すると、領収書が1枚も添付されておらず、これでは困るといって、何とか領収書を提出させましたが、金額が合いません。
2ヶ月かかって出てきた領収書は飲食代ばかりで、5万円もありました。
他にも色々と苦しい言い訳をして誤魔化し、故意ではないと主張します。
結果的に経費として計上できない分は返金してもらうことになりましたが、「払えばいいんでしょ」という態度が許せませんでした。
その返金額は、初めに出した報告書の2万円を大きく上回る13万円になります。
そんな時に、まだ公になっていないこのことをBが第三者に「業者(D)からもらった領収書を7万円上乗せして書いてもらい、その差額の9割を保護者(A)が持って行っている。他にも足りない領収書はAの小判鮫のようになっている他の保護者に用意させている。ホントはこのことを言いたいけれど、Aが余計ないことを言うなというので、黙っている。本当は言いたい。」と話したらしいのです。
その第三者がそれを話した相手がたまたまこの話を知っている保護者だったため、すぐにこちら側にその情報が入りましたが、今までの経緯からその話に矛盾がなく、おそらく本当の事だと確信しています。
しかし、以前その業者(D)に学校名を名乗って支払った金額の確認電話を入れた際「あんたに話すことはない。巻き込まないでくれ!」とかなり怒られたことがあるので、本当に7万円上乗せしているのか確認が出来ません。
業者(D)の対応を本来ならこちらで購入したのだから、学校名を言えばありがとうございましたという態度になるべきなのに、金額を聞いただけで怒鳴られてしまうため、その業者のことはずっと疑いをも持ちながらも領収書がある以上何もできませんでした。
今回の第三者の噂については渡りに船で、あとは本当の金額の領収書を発行させるだけなのですが、どうしたら正しい金額の領収書を発行してもらえますか?
また、ABCがしたことは横領と背任どちらにあたるのでしょうか?

学校側も学年の保護者への返金や報告書の訂正などすべてに関わっています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  いわゆるネコババであって、よこっちょでくすねたわけですから、本来他人に渡すべき他人の物(自己の占有する)ちょろまかしたので、横領罪(刑252条又は253条だと思います。

 BおよびCはいっしょにつるんだか、助けた場合は共同正犯か幇助犯になりましょう。

 Dも幇助になるので、その旨話して、告訴されれば、オタクにも害が及ぶよ、といって、領収書を出してもらうことですね。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

刑事告訴・告発 についての関連する質問