JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

オレオレ詐欺について、条文等の根拠と立証するための要件を教えて下さい。

解決済みの質問:

オレオレ詐欺について、条文等の根拠と立証するための要件を教えて下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
  条文上の根拠:刑法第246条2項(詐欺利得罪)「前項の方法により(人を欺いて)財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者」

 欺罔は1項詐欺と同じで、人を錯誤に陥らせるような行為をすることです。

 欺罔→錯誤→被害者の財産的処分行為が因果関係によって接続されていることが必要です。


 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 
質問者: 返答済み 3 年 前.

金銭以外に精神的な被害をこうむった場合は訴えることは出来ますか

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
  それは刑法とは違いますね。

   精神的損害ということになると、民法上、不法行為(民709条)による損害として、その中でも非財産的損害の賠償というかたちで「慰謝料請求」ということで別訴になります。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問