JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 41
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

夫が今年3月中旬に敷地内の竹を伐採し、一部を自治会恒例の河川敷清掃後のゴミ・草・落ち葉など処理の焚きつけ用として、河

質問者の質問

夫が今年3月中旬に敷地内の竹を伐採し、一部を自治会恒例の河川敷清掃後のゴミ・草・落ち葉など処理の焚きつけ用として、河原に運びました。区の担当者も承知していたことですが、当日雨のため延期になり、4月に再度予定しましたが、また降雨、結局秋に延期されました。竹はきちんと束ねて置いてきました。先日朝6時ごろ、突然警察の者が3人車で自宅に押し寄せました。不法投棄の被疑者とのこと。出勤前の忙しい時間であったため、後日警察に出向くことになりましたが、連行や任意同行も視野に入れていたのかとの問いに、そうだと答えました。河川パトロール隊からの告発だろうと思いますが、こちらの事情も聞かずに、いきなり被疑者扱いされたことに憤りを感じています。不当な捜査だと思いますが、私どもは、どのような手段を講じたらよいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発

刑事告訴・告発 についての関連する質問