JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

会社のお金を横領し(架空工事費を業者に発注し、そのお金をキックバックしてもらい、接待費や同僚、協力会社と飲食をした)

解決済みの質問:

会社のお金を横領し(架空工事費を業者に発注し、そのお金をキックバックしてもらい、接待費や同僚、協力会社と飲食をした)3月20日懲戒解雇になりましたが、お金をかえさないのて損害賠償請求をするとのことてす。金額は約5500まんです。返すお金はありませんし、どのようになるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
  生活費に使った場合、現存利益はあるとされて返還義務はあります。
民事で損害賠償請求をされて、勝訴判決を得ても、債務者に資産がない場合は、強制執行をかけても空振りになります。

 あと刑事で横領罪・背任罪で告訴されて有罪判決を受け、実刑になる可能性はありますね。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
質問者: 返答済み 3 年 前.
今現時点で、詳しい話しを聞いていただきたいのですが、誰にどのようにコンタクトを取ればいいのでしょうか。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 このサイトですが、緊急に連絡をとりたい、とか、直接のコンタクトは禁止されています。ご了承ください。

 刑事直ちに逮捕、身柄拘束ということでもなさそうなので、弁護士事務所に行き、民事賠償請求訴訟を起こされそうだ、と告げておればよいでしょう。

 県の弁護士会に行って、有料相談(無料だと何週間待ちになる)を受け、弁護士の紹介を受けることです。

 ない袖は振れないので、免れるというか、原告が請求しても無意味な可能性が高いですね。

★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
 
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問