JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

成年後見人の提出資料に通帳の写しが必要です。本人が総合失調症のため銀行へ残高証明をお願いしても拒否。父親の友人に通帳

解決済みの質問:

成年後見人の提出資料に通帳の写しが必要です。本人が総合失調症のため銀行へ残高証明をお願いしても拒否。父親の友人に通帳の写しをお願いしても拒否。この場合、法的手段は無いのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
   役所に提出する書類が整わないわけですね。質問者は仕事として受けている場合、「必要書類を提供しない場合、委任契約を解除する」旨警告するしかないですね。その書類がないと通らないわけですから。

 われわれの場合、そのようにします。

 不利益を受けるのは本人です。その原因を作っているのは依頼者の非協力的な態度です。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
質問者: 返答済み 3 年 前.
私の姪は一人暮しましたが総合失調症により入院。姪の両親は死亡。一人娘で二親等内の親族いなく、今後施設の入所も考えなければなりません。成年後見人を申請し資産管理しなければならないと思っています。ところが預金通帳が父親の友人が持っていて返してもらえず残高がわからず家庭裁判所への資料提出が出来ない。姪は通帳のことはわからず、銀行へ残高、明細を頼んでも本人以外は受付けてもらえず、委任状も入院している理由で教えもらえません。前回、被害届けの件と犯罪について投稿した回答が支払った領収書を持っていると犯罪ならないとのことで、他に法的手段は無いのでしょうか。或いは銀行へ残高照会出来ないのでしょうか。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>前回、被害届けの件と犯罪について投稿した回答が支払った領収書を持っていると犯罪ならないとのことで、他に法的手段は無いのでしょうか。

>>「持っている」というだけでは、犯罪は成立しているわけではありませんので、
刑事事件化することはできません。

無断で勝手に、しかも姪のためではなく、父親の友人が自分の利益をはかる目的で持っていた場合でなければ犯罪にはなりません。
となると、姪の入院代を払うためだと言われてしまうと、特に被害がないことになってしまい犯罪ではないのです。
→前回の先生の回答だと、答えは出ないことになってしまいます。私は趣を異にします。
>預金通帳が父親の友人が持っていて返してもらえず残高がわからず家庭裁判所への資料提出が出来ない。姪は通帳のことはわからず、銀行へ残高、明細を頼んでも本人以外は受付けてもらえず、委任状も入院している理由で教えもらえません。
→「父の友人」が非協力的で裁判所提出書類がかけないと、あなたは適当なことを書いて書類を提出することになりますし、成年後見が降りないと、あなたがたは不利益ないし損失をこうむります。提出がない場合、この損害賠償請求を行う旨文書または口頭で告げてください。

 また「父の友人」には通帳の所有権はなく、「自己の占有する他人の物」ですから、それを不法領得すれば横領罪(刑252条)、本人に損害を与えれば、背任罪(刑247条)に当たります。その旨もあわせて告げて、「父の友人」に「あなたを横領罪又は背任罪で刑事告訴する」と告げてください。

 銀行ですが、委任状をとってください。内容は「銀行の残高証明書の交付ないし取得の件およびこれに付帯する一切の件」でよいでしょう。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問