JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

ガソリンスタンドで、店員とのやり取りから、叩かれた、肩を掴まれたということで、被害届を提出され、警察から取り調べをう

解決済みの質問:

ガソリンスタンドで、店員とのやり取りから、叩かれた、肩を掴まれたということで、被害届を提出され、警察から取り調べをうけました(相手は怪我等も無く、傷害では無く暴行容疑)警察からは相手の連絡先(携帯電話番号)を
知らされ連絡しろと言われたので、連絡したところ70万円で届けを下げると言っております。
どうしたら、良いのでしょうか?

肩を掴んだのは、1回だけで、叩いたつもりもありません。警察の取り調べのなかで相手が叩いて、肩を掴んだと
言っているのだから、その通りに2回やったと検事さんの前では言っといたほうが心象が良いよとも言われました。

前科も前歴も有りません。電話で相手に謝罪は一応しましたが、誠意が全く見えないと言われましたが、本音を
自分が言えば悪いとは思っておりませんから。今後最悪の場合どうなることが、考えられるでしょうか?
教えてください。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
  警察の言うことを真に受けて、やってもいないことをやったと自白してしまうと、後で大変困ります。

  反省や謝罪の意思を明確にするのはよいのですが、「示談に際して法外な示談金をふっかけられています。いかがいたしましょうか。」と(検事に)正直に話したほうがよいでしょう。

 最悪のコースといえば、自白→濡れ衣ですね。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

 警察によれば、検察庁からの呼び出しは忘れた頃(2,3ヶ月後?)にあると言われました。それまで、相手からの電話等は、無視しておいてよいのかどうか?それとも一度は、誠意として数万円を相手に提示したほうが良いのか教えてください。


 


 素人考えではありますが、この程度のことで刑事事件として起訴されることはないと思いますが、民事で訴えられた場合、やはりこちらに、賠償責任が生じるものなのでしょうか?肩を掴んだことは紛れもない事実として認めています。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>警察によれば、検察庁からの呼び出しは忘れた頃(2,3ヶ月後?)にあると言われました。それまで、相手からの電話等は、無視しておいてよいのかどうか?それとも一度は、誠意として数万円を相手に提示したほうが良いのか教えてください。
→相手が常識的な示談金額を言ってきていないので、不調ということにして、着信拒否にしておくのがよいでしょう。先にわずかでも支払ってしまった場合は、罪を認めてしまうことになるので、かえって逆効果でしょう。

 


> 素人考えではありますが、この程度のことで刑事事件として起訴されることはないと思いますが、民事で訴えられた場合、やはりこちらに、賠償責任が生じるものなのでしょうか?肩を掴んだことは紛れもない事実として認めています。

→肩をつかむ=不法な有形力の行使=暴行の事実、ではあります。しかし、正当防衛、緊急避難、期待可能性など、違法性阻却、責任阻却の場合もあります。またケガがない場合は、可罰的違法性なし(微罪)とされる場合もあります。

 

 その場合に民事責任があるか否かですが、あるか否かの次に被害者の権利行使として、民事訴訟を提起してくる手間隙の問題があります。弁護士を依頼して、となると着手金の用意が出来なければ、絵に描いた餅ですし、この程度のことで民事訴訟とは、濫訴のそしりを免れません。

 

 訴えてきても、事実を認めて、請求額の10分の1くらいの金額で和解すればよいと思います。あとは相手の非をあげつらい、過失相殺で賠償額の減額に追い込めばよいでしょう。このあたりは専門家にまかせたほうがよいかもしれません。

 

 
 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 


 

刑事告訴・告発 についての関連する質問