JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

下記の場合、無犯罪証明書/犯罪経歴書/警察証明書に『犯罪有り』として記載されますか? 約20年前、中学1年の時

質問者の質問

下記の場合、無犯罪証明書/犯罪経歴書/警察証明書に『犯罪有り』として記載されますか?

約20年前、中学1年の時(12,13才)に万引きで初めて捕まりました。
その後はやっておりません。
警察に行き、書類を書き、指紋を取り、その後(当日)、親に連れて帰られました。
翌日以降、検察からも連絡もなく、検察所・裁判所等にも行っておりません。
(両親に確認はしていませんが、罰金も払っていないと思います。)

この度、海外駐在となり、無犯罪証明書/犯罪経歴書/警察証明書が
必要になりましたが、『犯罪有り』として記載されますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 同通達をみる限り、刑の執行を受け、云々とありますから、公訴の提起もない場合は、犯罪歴なしと解されると思います。

 

 ★刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


この通達に記載のある発給要綱にて、


犯罪経歴とは罰金以上の刑の言い渡しを


受けたものとあります。


 


質問の内容だけで判断頂くと犯罪経歴に


ならないと考えてよろしいでしょうか?


 


また罰金とはどのような形で言い渡しが


あるのでしょうか?


裁判の結果でしょうか?


裁判をせず、書類送検でも通達が来るのでしょうか?


 


また発給要綱に少年法第60条により刑の言い渡しが


なかったものは犯罪経歴を有さないとあります。


これはどのような意味でしょうか?


 


以上です。よろしくお願いします。


 


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 書類送検→起訴→公訴→有罪判決→刑の確定→刑の執行ですからね。

 通達にある少年法第60条は第1項で「少年のとき犯した犯罪により刑に処せられてその執行を受け終わり、または執行の免除を受けた者は、人の資格に関する法令の適用については、将来に向かって刑の言い渡しを受けなかったものとみなす。」としており、

 第2項は「少年のとき犯した罪について刑に処せられた者で刑の執行猶予の言い渡しを受けた者は、その猶予期間中、刑の執行を受け終わったものとみなして、前項の規定を適用する。」
としています。

 以上まとめると、少年時の犯罪について、刑の執行が終わった場合(罰金刑を含む)には、将来に向かって刑の言い渡しを受けなかったものとみなされるのですから、心配ありません。

 
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


安心してきました。


最後に、この少年法でいう少年は


20歳未満ですから、中学生であれば少年扱いとなりますね?


刑の執行が終わった場合とありますが、


上記質問内容から判断頂くと終わっていると


考えてよろしいでしょうか?


 


長々申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
通達6(3)-犯罪経歴を有しないものとする。
  「罰金以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を受け、罰金以上の刑に処せられないで5年を経過しているとき」

 (6)「少年法第60条の規定により刑の言い渡しを受けなかったものとみなされとき」
があり、同条の内容は、先にみたとおりなので、刑を執行された場合でも、将来に向かって刑の言い渡しを受けなかったものとみなされます。刑を受けていない場合も、同様に解されます。

刑事告訴・告発 についての関連する質問