JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

離婚協議んお最中ですが、金額には合意し協議書の作成中です。妻側の代理人は当初つまの叔父が行っておりましたが。途中で辞

解決済みの質問:

離婚協議の最中ですが、金額には合意し協議書の作成中です。妻側の代理人は当初つまの叔父が行っておりましたが。途中で辞任し弁護士に変更になりました。協議書の作成において相手の新しい代理人より、協議書の原案がおくられてきて、最初前任の代理人に一切連絡を取らないこととの項目を入れ られてきました。離婚協議と関係ない項目ですし、連絡を取る必要もないので、項目の削除をお願いしたところ。今度は、削除する代わりに、確約書を作成するよう要求されています。  前任の代理人は、妻の叔父であると同時に行政相談委員なる総務省の役を委託でやっております。したがって、離婚協議と別に、役所等に苦情や意義の相談に行かないように確約書を差し入れろと、妻の代理人が要求してきました。基本的にその確約書の要求事態代理人がすることはおかしいと思うのですがいかがでしょうか?また、この新しい要求を拒否し前回の協議書原案のとうりの項目でかまわないので、削除要求を撤回してもよいものでしょうか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>最初前任の代理人に一切連絡を取らないこととの項目を入れ られてきました。離婚協議と関係ない項目ですし、連絡を取る必要もないので、項目の削除をお願いしたところ。今度は、削除する代わりに、確約書を作成する よう要求されています。  前任の代理人は、妻の叔父であると同時に行政相談委員なる総務省の役を委託でやっております。したがって、離婚協議と別に、役所等に苦情や意義の相談に 行かないように確約書を差し入れろと、妻の代理人が要求してきました

→妻のおじが関与することが弁72条違反(非弁)に当たるというのがその理由であると思います。弁護士としてのメンツで言っているのでしょう。

 別に破約したからといって、証拠収集は容易ではないし、立証も困難でしょうから、ハイハイそうですか、と応じておけばよいのではないでしょうか。胸糞悪いでしょうが、法律家といいうのはそういうものです。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問