JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

マンション管理組合が規約にない文言で、管理規約何条に違反する規則を守れとか、言ってもいない内容を文章にして、いままで

質問者の質問

マンション管理組合が規約にない文言で、管理規約何条に違反する規則を守れとか、言ってもいない内容を文章にして、いままでの熱い議論は何だっ たのかと3個の?までつけて組合員各位に配布しました。至急訂正文を配布シてくれるよう要請しましたが無視されました。それまで気持よく挨拶を交わしていた組合員たちの態度が俄によそよそしくなり、辛い思いをしております。私が今望んでいるのは管理組合がその非を認め、私に対する謝罪文を組合員各位に配布してくれる事です。しかし先方には全くその気がないので最後の手段として名誉毀損に持っていけるだろうかと御相談しました。因に私は組合員です。他にも管理組合が直接私に送ってきた恫喝文もあります。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  名誉毀損罪は不特定又は多数人の前で(「公然性」)、被害者の社会的評価を低下させる具体的事実の摘示がなされる必要であります。この実行行為がないため、構成要件に該当しません。

 

 しかし、恫喝文が、強要罪又は脅迫罪に該当する可能性があります。よって同罪での告訴が可能です。

 

 謝罪文を配布することを内容証明で通知したらどうでしょうか(謝罪文を配布しない場合は強要罪又は脅迫罪で刑事告訴する旨告知)。

 

 ★刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず)。

 

 

 

刑事告訴・告発 についての関連する質問