JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 41
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

車両保険詐欺についてお尋ねしたい事があります。 数年前、知人が車両全損事故に遭い、保険会社により相手と知人の過

質問者の質問

車両保険詐欺につ いてお尋ねしたい事があります。

数年前、知人が車両全損事故に遭い、保険会社により相手と知人の過失割合が8;2と判断された様です。
それに伴い保険会社から年式や車格を鑑み保険金が提示されたのですが、本人はその提示額に納得がいかず、争うこととなりました。

ここからが質問なのですが、その車両は輸入車で、本物であれば本国ではとても稀少価値がある為高額で取引されており、(状態にもよりますが日本円で一千万~三千万円)保険提示額に納得がいかないのも解るのですが。
貴重な本物の部品等も使われてはいますがいわゆるレプリカで(本人が詳細まで拘って制作した自慢の一品。日本車に例えれば、昭和45年製辺りのスカイラインGT-Rのような物。勿論、欺く為に作ったのではない)
保険会社が最初に提示した金額は妥当だったのですが、本人の思い込みで「自分の本物」として裁判を起こしました。
当然、裁判資料として車両の稀少性や本国でのオークション等での流通価格を用意し本物として裁判を進めた結果、保険会社の判断以上の保険金を手に入れてました。
日本国内での流通量は極めて少なく、また保険会社も過去に判例が無いので支払い金額を見直したのではないかと思います。

ここで問題なのが、その本人の思い込みだけで過去に判例が無かった事も幸いして
価値を偽装する事に有ります。(車両を失った悲しみは同じ趣味人として十分に解るのですが、しかし)
この様な事がまかり通れば本物の価値の破綻につながると思い戒めも含めその知人に対して保険会社へ告発する思いなのですが、判決が出た裁判に対し可能であるかお答え頂けたらと思い質問致した次第です。

長文、乱文恥じ入りますが、以上宜しくお願い致します。

敬具
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発

刑事告訴・告発 についての関連する質問