JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

退社した社員が会社の商品を個人口座に入れている請求書や納品書等の書類をパソコンでみつけました。金額的には300~50

質問者の質問

退社した社員が会社の商品を個人口座に入れている請求書や納品書等の書類をパソコンでみつけました。金額的には300~500万くらいです。本人に確認したところ記憶にないと言い張っています。民事、刑事告訴したいのですがどれだけ証拠があればいいのでしょうか。
それと弁護士費用はどのくらでしょうか?
しかも他社の仕事もしていたらしく自分がどこからいくらもらっている表もありました。
当社は社員4人の小さな会社です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

証拠ですが「これだけ」と文字でお答えするのは難しいです。

>会社の商品を個人口座に入れている請求書や納品書等の書類をパソコンでみつけました

とありますので、これだけでも可能なように思いますが、見てみないことにはわからないですね。

会社の商品がその個人に流れていることがわかるのであれば、
刑事・民事ともに立証可能と考えます。

どちらも自白があればいいのですが、簡単にはかないでしょうしね。
警察が動いた後に自白する人が多いので、まずはやってみることをおすすめします。

特に刑事告訴に関して言えば、お金はかかりませんし、
民事と違って勝ち負けもないので、再挑戦も可能です。

そういう意味でもまずは刑事告訴を優先するべきでしょう。
ダメと言われても、また刑事告訴すればいいので、「とりあえず」やってみることをおすすめします。

なお、本当は刑事告訴をされたら捜査を開始しなければならないというルールになっているのですが、あまり徹底されていないのが現状です。

刑事告訴を弁護士に頼もうとすると、20~40万くらいが相場ですが、
あくまで相場であり幅はかなり広いので、問い合わせることをおすすめします。
ただ、弁護士に頼まなくてもできる内容なので、節約するなら弁護士無しで進めましょう。

民事についても同様です。
まずは着手金として20~40万くらいかかります。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます。
その社員が流していたのは先方の会社の社長もみとめていましたが、私の指示でそうしていたと思っていましたとはぐらかしていました。
先方の会社から横領した社員に振込をおこなって振込んだ通帳のコピーと請求書のコピーを貰えることになりました。
それ以外にも内の社員でいながら他社からお金をもらっていたり等の詳しい個人収支表もありました。
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
その社長の証言まであれば、立証はほぼ大丈夫そうですね。

あとは、警察が重い腰を動かすのかという問題がありますが、
これはしつこく粘り強く説得することしかありません。
弁護士も警察署で粘ることがあります。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。

とりあえず全ての証拠が揃い次第動こうと思います。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
ただ、逃げられないようにしてくださいね。

準備ばかりしすぎて逃げられてしまうとどうしようもありません。

無事に解決することを祈っています。

刑事告訴・告発 についての関連する質問