JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1360
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

パワハラ訴訟の準備のために証拠収集を進めています。今日は加害者の電話の下にICレコーダーを置いて朝から録音状態にして

解決済みの質問:

パワハラ訴訟の準備のために証拠収集を進めています。今日は加害者の電話の下にICレコーダーを置いて朝から録音状態にしていたのですが、夕方回収すると録音が停止されていました。自分が席を外した間に見つかったようです。明日からまた違う録音方法考えます。パワハラ裁判は録音がないと始まらないので、録音が成功してから訴訟を起こしたほうがいいですよね?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  録音がないと裁判所が採用しないことはないので、その場で暴言をアタマに入れて、家で文章に起こしてください。それで十分です。

 

 刑事の取調べを受けた頭のよい高級官僚(被疑者)などは、みんなそうやってその日の尋問内容を再現してメモに残して、裁判を有利に進めています。

 

 あとは準備書面の文章力の問題です。裁判官にアピールできる文章を書けるかどうかです。今日びは準備書面をネットでアップしている人もいますので参考にしてください。

 

 「労働裁判における和解の実際」((労働新聞社)、「労働事件審理ノート」(判例タイムズ)、「労働相談実践マニュアル」(労働弁護団)、「訴訟は本人でできる」(自由国民社)は有益です。この4冊を精読すれば本人訴訟可能です。

 

 

 労働がわの弁護士は少ないので、会社の顧問弁護士は避けることです。使用者がわのことが多いので、やる気もありません。

 

 社労士も裁判に対応できる人は1割にも満たないので、これも推奨できません。

 

 

 ※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問