JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

ある工事で役所提出の家人同士(息子・父)での同意書が必要になりました。 (下水道を使用する為敷地面積に対して受益者

解決済みの質問:

ある工事で役所提出の家人同士(息 子・父)での同意書が必要になりました。
(下水道を使用する為敷地面積に対して受益者負担金というものがあり
父の土地の中に1部息子の土地がありその息子の土地に対しての受益者負担金が未納である為必要となります。約8万円役所に支払い義務が出てきます)
迅速に工事を進める為当方で作成し提出しましたが(一般的に負担金は拒否できない為)
後日当人の知る事となり私文書偽造だといわれました。
その通りだとは思いますが、訴えられた場合罰則は付きますでしょうか。
宜しく御願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 私文書偽造罪(刑158条)は3月以上5年以下の懲役です。

 

 他人の名義を偽ったのであるから、偽造罪と偽造私文書行使罪(同161条)が成立します(法定刑は同じ)。

 

 しかし、偽造文書は破棄し、迷惑料も支払ったのですから、ぎゃんぎゃん言われる筋合いではありません。宥恕(許すこと)されたのです。訴える理由がありません。告訴→受理→起訴・不起訴→公判請求までいくわけないでしょう。

 

 そもそも家人どうしで同意書を代筆することはよくあることです。それをぎゃんぎゃんゆうとは大人げないというか・・・・・・。法的には緊急避難です。

 

 ※民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 3 年 前.


早速の御返答有難うございます。


家人同士ですが、作成した私は業者でありまったくの他人です。


昨日、役所と話し合いをしたのですが、もう1部当方作成申請書(当方代筆・捺印)が役所に在るらしくそれを返却しろと強要されているみたいです。


役所は定められた様式で提出してあるので、当方作成でも問題なく、返却はしませんというスタンスです。


問題の当人は作成した私に返却願いを提出し返却を


してもらえ、さもなくば告訴するといい、役所は返却願いがあれば対応します、その代わり差し替えで本人作成の申請書を下さいとのことですが、当人は申請に掛かる義務である8万円が惜しいらしく恐らく作成拒否でお金の返却を強要する事がはっきりしていますので返却願いは拒否するつもりです。


この場合でも訴状は受理されないのでしょうか。


特に損害を受けた人間はいないと思います。


読み苦しい長文すいません。


回答承諾前にもう一度御回答御願い致します。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>作成した私は業者でありまったくの他人です。

昨日、役所と話し合いをしたのですが、もう1部当方作成申請書(当方代筆・捺印)が役所に在るらしくそれを返却しろと強要されているみたいです。


役所は定められた様式で提出してあるので、当方作成でも問題なく、返却はしませんというスタンスです。


>問題の当人は作成した私に返却願いを提出し返却を


してもらえ、さもなくば告訴するといい、役所は返却願いがあれば対応します、その代わり差し替えで本人作成の申請書を下さいとのことですが、当人は申請に掛かる義務である8万円が惜しいらしく恐らく作成拒否でお金の返却を強要する事がはっきりしていますので返却願いは拒否するつもりです。

この場合でも訴状は受理されないのでしょうか。

 

 

→告訴状が受理される可能性は10%以下であると思います。まず心配ありません。

 

たんなるいいがかりです。

 

 それに告訴が受理されても90%不起訴になります。役所がこれ(代筆)でよろしいといっているのですから、本人には「返却願いをして改めて本人作成の申請書を出すことになりますが、そうすると8万円がかかりますが、それでもよろしいですか?」といえば、引っ込むのではないでしょうか。

 

 ※※民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。


 

 

kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問