JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

業務上横領をされました。証拠があると本人を問い詰めたところ認めて横領していた年月、月にして幾らぐらい、横領する為の工

質問者の質問

業務上横領をされました。証拠があると本人を問い詰めたところ認めて横領していた年月、月にして幾らぐらい、横領する為の工作、手口、横領したお金の使い道等を本人に自筆で書いてもらいました。本人の言い分だけでばらつきはありますが平均して計算すると500万円以上になりました。なるべく告訴はしたくないので返済を求めると知人に借りてでも出来るだけ返済するので少し時間を下さいと言うことでその日は帰しました。翌日になり、警察から連絡がありお話しを聞きたいとの連絡がありすぐに行きました。横領した本人が何を思ったのか証拠がないと 踏んだのか?逆に警察に売上が下がっていると言う理由で脅されて無理やり有ること無いことを書かされたと警察に話していました。警察にこちらの言い分を言ったところ横領していた方の言い分がころころ変わり話しがおかしいと言って頂きましたが、この件に関してお互い訴訟を起こすのであれば起こしてくださいとその日はそのまま帰らされました。横領した本人が一体何を考えているのか分かりません。また警察が横領した本人も弁護士に相談しているようだと教えてくれました。相手弁護士の悪知恵なんでしょうか?会社側は立証できる証拠も揃っていますがこれからどう動けばいいか悩んでいます。また警察に直接出向いて訴えるのか弁護士先生を通して告訴した方が良いのかが分かりません。会社側としては横領したお金ん返済して欲しいのが一番ですが本人が全く反省もせずに逆に警察に嘘をついたことも許せません。また本人に返済する意思もなぜかなく、横領したお金を返済するお金もなく全部使ったようです。良いアドバイスお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

警察への告訴も損害賠償請求もどちらも行ったらいかがですか。
反省のない相手に手加減をするべきではないと思います。
告訴をしたところで、執行猶予(刑務所に行かないで済む)でしょうが、
前科をつける、ということに意味があります。

告訴ですが、弁護士をとおすことにこれrといって意味はありません。
まずはご自身で 行ってみてはどうですか。
それで警察が文句をいうようであれば、あとから弁護士を通すのでもいいと思います。
警察を動かすにはしつこく行く必要があります。

自分の書いたメモの不利さがわかっているために、慌てて警察に行ったんでしょうね。



弁護士への相談というのは、ほぼ確実にウソです。
弁護士に相談したというウソをつく人はかなり多いんです。
万が一弁護士に相談したことが本当でも、
目の前に「横領していないのに、無理矢理犯人にされました」という相談があれば、
「警察に行きなさい」と答えるしかありません。
相談者がウソをついているのです。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


先生ありがとうございました。


早速警察に証拠を揃えて刑事告訴の相談に行きたいとおもいます。


 


あと損害賠償請求の方法ですが誰に頼む?どのように進めていけば良いでしょうか。


また本人の自供した年月と月の金額の平均(日に3万~5万と開きがある為に4万円で計算しました)その金額が500万強になるのですがその金額で訴訟をした方がいいのか多めの5万で計算でもいいのでしょうか?


証拠は音声と映像ですが本人の自供をプラスしてはじめてその金額の証拠になるのであくまで本人の主張です。本当はそれ以上の金額になると思いますが立証する術がございません。


 


よろしくお願いします。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
専門家に頼むのであれば、本件を扱えるのは弁護士のみです。
お早めに法律事務所に相談に行ってください。
請求金額は弁護士に決めてもらえばいいと思います。
そのための専門家ですから、質問者様が決めていく必要はありません。
ご自身でやるなら、横領されたと思う金額を請求すればいいです。

証拠についてもここでは見ることができません。
横領した事実は明らかなので、請求をやめるように考える事情ではないはずです。

刑事告訴・告発 についての関連する質問