JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

amazon.co.jpのマーケットプレイスシステムを介して販売を行っております。 とある購入者に誤った商品を発送

解決済みの質問:

amazon.co.jpのマーケットプレイスシステムを介して販売を行っております。
とある購入者に誤った商品を発送してしまいました。誤商品は運送会社の追跡番号を確認すると、10月10日に購入者の指定された住所に配達が完了しています。

正しい商品を発送後、購入者に連絡を取ると、(その 商品は今無い。おまえのミスだから知らない。)と言われました。これ以上話が続かず事実上の返還拒否でした。

話の初めでは、誤商品の商品名や追跡番号を伝えました。相手も取得を認めていました。電話は録音してあります。

なにかしら横領に当たるのでは無いかと思っております。初めての事なので警察に行けば良いのか?行ったところでどうすれば良いのかと非常に困っております。どういった対応を取ればよいのかどうかご教授の方よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

警察は刑事なので相手を罪に問いたいという場合です。
本件のメインは、返還請求なので民事です。
相談先としては警察ではなく、弁護士ということになるでしょう。
警察に行っても「そういうことは弁護士さんのところに行って」と言われます。

厳密に言えば横領罪が成立しなくはないですが、
民事の延長にある案件なので警察は受けたがりません。

法律的に言えば、質問者様にミスがあったにせよ返還されるべき物です。
ですから、とりあえず返還請求したのは正しいです。
しかし、「返さない」と言っている相手に電話やメールで催促したところで返ってこないことは明らかです。
これだけで返ってくるなら弁護士も裁判も要りませんよね。

ですから、本当に確実なのは弁護士に委任して、返還請求をお願いすることです。
そこまでは・・・と思うのであれば、ご自身で内容証明郵便を作成して、
返還を求めて下さい。
その文面には「*日以内に返さなければ、法的措置をとります。」と書いてください。

まずは、これで期限の反応を待つことになります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。回答を読ませていただきました。補足の質問をさせて下さい。


 


厳密に言えば横領罪が成立しなくはないですが、>こちらの部分をもう少し詳しく掘り下げて教えていただけないでしょうか。無駄足かもしれませんが、警察の生活安全課に相談に行きたいと思っております。警察からの助言を受け、署内からの電話でもう一度返還の交渉に望みたいと思います。


インターネットを介したトラブルなので、なかなか説明が難しいと考えております。いったいどのように話をしたらいいでしょうか。漠然とした質問で申し訳ございませんが、相談者に(うんうん。なるほどね。)と理解して貰いたいです。要点、アドバイスなどをどうかお聞かせ下さい。お願いいたします。


 


内容証明を作成いたしました。しかし正直こちらに解決はあまり期待しておりません・・・また法的措置に関してましてこちらのような件では弁護士に委任と言う形で行動するのは正直ばかげていますか?また弁護士先生方でも(冗談じゃない。暇じゃないだ。)と言う様な感想を抱かれると思いますでしょうか?先生のご経験上、似たような件は一体どのような結末を迎えているのでしょうか?先生の忌憚無き意見お聞きしたいです。お願いいたします。


 


返信の方が長文になってしまい申し訳ございません。とても親切に回答していただけると、どうしても縋りたい一心で、これが聞きたい、あれが聞きたいとと言う思いが出てきてしまいます。どうかお許し下さい。


 


先払いと回答が保証できないとの事で、サイトの利用を躊躇していましたが、今回思い切ってみて良かったです。相談できたと言う事で心も楽になり良かったです。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
自分の手元に置いてある物を、自分の物としたわけですから、横領罪が成立します。
犯罪の成否を自分の口で説明しようとしない方がいいですよ。
医師が考えるべき治療方針を、素人の患者が考えてからいくようなものです。

率直に、ご質問に書かれているような形で説明すれば十分です。
それをフォローする形で警察や弁護士から質問がありますから、それに答えればいいのです。
私は投稿されている文章で十分に理解できたつもりです。
あくまで相談なので、一気に相談者が話そうとするのではなく、
対話をして問題の解決に至れるようにするべきです。

ヤフオクのトラブルの相談を受けたことがあります。
しかし、商品の価格に比して、弁護士費用が高くなってしまうので、結局は相談止まりであることが多いですね。
相談はあったけど、実際の契約はなかった、というのが全部です。


jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問