JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 41
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

7月に調停で離婚が成立した。その際の調停調書に書かれていないことについてトラブルになっている。調停の場で調停

質問者の質問

7月に調停で離婚が成立した。 その際の調停調書に書かれていないことについてトラブルになっている。 調停の場で調停委員さんと話した内容についてお互いの認識にずれがあり、調停の場での会話について法的根拠があるはずと元夫が刑事事件として告訴・被害届を出すと言い出している。 経緯として 妻である私は離婚前に家を出ていたため、家 に残っていた荷物をとりに行きたいという旨は調停の場で合意が取れていたが、夫側は7月中限定だったと言い出し、7月中に来なかった私は荷物を取りに来る権利を放棄したので、9月に荷物を取りに来て持ち出したのは「不法侵入」と「窃盗」であると主張している。 その日は息子立ち会いのもと家に入らせてもらうことは息子を通して連絡済みのはずだったが、その連絡がきちんと伝わっておらず、なおかつ立ち会うはずの息子が事情により立ち会えなくなった。よって私が勝手に家にはいったので「不法侵入」である。7月に来なかったのだからたとえ私物であっても勝手に持ち出したのは「窃盗」というのが元夫の言い分。この家については夫の財産分与が分割払いになったので、分割払いが終わるまで私にも持分はあり。 今回の離婚については弁護士さんをお願いし、調停を申し立てたので、その際に依頼していた弁護士さんにこの件をお伝えしたが、事件としては成立しないのではないか?といったご意見で静観していればよいのではというアドバイスをいただく。 調停の場で夫が主張したという期間限定のその話は私側にはなく、私からも息子が私のところに引っ越すことになっていたため私物はその荷物の整理とともに一度家に入らせてもらい持ち出すことを共有していたつもりだったが、相手には伝わっていなかった。 財産分与の1回目の支払いを自分は守ったのに、私は約束ごとを守っていないので調停違反とも主張している。 弁護士さん曰く、調書に書かれていることがすべてなので、財産分与のことは調書に書かれているがそこに記載されていないことは当事者の間で調整すべきことであって、調書に書かれている財産分与と書かれていない私物のことを一緒に考えるべきではないというご意見。 それはもっともだと思うが、そもそも調整できるような相手であれば、離婚も弁護士さんをお願いして調停をすることもないような人格の相手。 調停の場で口頭で調停委員さんと話したことはお互いが思っているように伝わっていないことを私が伝えるべきか。 完全に無視してほっておくべきか。 おそらく警察や家裁も事件として扱う可能性は低いという意見をもらったが、本当にそうなのか。 来年今回のことを盾に財産分与の残金を支払ってこないことも考えられ、私のほうが不履行の手続きをするのも避けたい。 私がとるべき方向性についてご意見を頂ければと思います。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発

刑事告訴・告発 についての関連する質問