JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

平成13年4月に会社の社会保険に加入し、その際今まで使っていた共済保険証(主人の扶養になっていた)をどうすればよいか

質問者の質問

平成13年4月に会社の社会保険に加入し、その際今まで使っていた共済保険証(主人の扶養になっていた)をどうすればよいかを労務担当者に尋ねた。二つ持っていてよいという指示であったので共済保険証の喪失届けをださな かった。平成24年9月に共済から会社に入社した時点で共済の扶養から外れていたので共済が負担した平成13.4から24.9までの医療費7割の返還、31万円を求められた。会社を退職し社会保険証を返還した時点で無保険状態になってしまった。喪失届けをだしていないので再加入もしていない。これは労務担当者の間違った指示から発生したものであり会社にも使用者責任があると思う。
不法行為にもよる損害賠償請求を起こしたいのでどのように訴状を書けばよいか、訴状の原因の書くときのポイントを教えて頂きたい
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>会社を退職し社会保険証を返還した時点で無保険状態になってしまった。喪失届けをだしていないので再加入もしていない。これは労務担当者の間違った指示から発生したものであり会社にも使用者責任があると思う。

 

→ひとつの保険から次の保険に切り替わるとき、両方保険証もっていていいような虫のよいことはありえません。共済組合に問い合わせるべきでした。労務担当者は労働・社会保険の専門家でも何でもありません。そんな人のいうことを真に受けた質問者様に過失があるといわれてもいたし方ありません。

 

  本来失効した保険証を使用して支払うべき7割分を免れたのですから、質問者様が詐欺罪で告訴されなかっただけまだましです。

 

  それで裁判所に訴状を出すというのはいかがなものでしょうか。不法行為ならばその原因行為と損害とのあいだの因果関係を立証しなければなりません。請求そのものがなかなか成り立ちがたいと思います。また訴状の書き方をサイトで21.01$で教えることがまかり通れば弁護士の仕事はなくなりますでしょう。どうしてもという場合は弁護士会に紹介を受ければよいでしょうが、それでもその場で書き方の指導はしないでせう・・・・・・・・・・・・。

 

 共済が分割返済には応じてくれるでしょうから、そちらのほうの交渉を先にされるべきでしょう。

 

 

 *労働・社会保険の専門家たる社労士として社労士法第2条1項3号(相談・指導)に基づく回答です。個々の具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

刑事告訴・告発 についての関連する質問