JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 271
経験:  京都大学卒業
69318065
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

暴力行為に対しての時効について質問させて下さい。 2、3年前に起こった出来事なのですが、社内の人同士でお酒の席で暴

質問者の質問

暴力行為に対しての時効について質問させて下さい。
2、3年前に起こった出来事なのですが、社内の人同士でお酒の席で暴力行為がありました。
暴力をした側は翌日に謝罪をし、暴力 された側も了承し、そこで話は終わりました。こういった事が3回ほどありましたが、暴力をした本人は反省をし、それ以降暴力行為をすることはなくなりました。
被害を受けた側が被害届けを出したわけでもないのに、今更会社側がこの件について噂程度の内容を耳にして問題視し、暴力をした人間を懲戒解雇にすることはできるのでしょうか??
時効があるようでしたら、教えていただけると助かります。
まとまりがなく、きちんとした質問内容にまとめられず、申し訳ありません。
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

こんにちは、弁護士をしております。

 

時効というのは、今回の件ですと、2つあります。

が、しかし、あなたがお考えになっていることは、残念ながら、時効とは関係ないですね…

時効は民事の損害賠償請求ができなくなるという意味での時効と

検察が刑事の公訴をできなくあるという意味での時効の2つがあります。

 

暴力行為(暴力をふるって人にあたり皮膚が赤くなれば傷害ですが)の場合、

不法行為に基づく損害賠償は、行為時から3年で時効になり、

刑事の公訴は、行為時から、傷害罪であれば10年で時効になり、傷害ではなく単なる暴行罪であれば3年で時効になります。

ただ、今回は、会社が懲戒にできるかの話ですので、懲戒にできなくなるような意味での時効というものはありません。

ですので…暴力行為について時効はあることはあるのですが、あなたがお考えになっている時効のようなものというものは、今回はないということになるかと。

 

 

問題はですね、暴力行為をしたことは本当だと証拠はあるのか(うわさ程度ではダメですね)、そして数年前であってもう反省して同じことは起こしていないにも関わらず懲戒処分としての解雇が妥当なのか、ということにつきるかと思います。

 

その方の会社での常日頃の行動、これまで、会社がその人にどの程度を指導してきたのか、怪我の程度や暴力をふるった原因にもよりますので、一概には言えませんが、「会社での職務時間中にしらふでお客もしくは社内の人を殴った」とか「お酒の場であっても殴るけるの暴行をくわえ傷害を負わせた」のであれば、過去のことであっても注意もなく1回で解雇ということもありえるかもしれませんが、

被害者が許しているようですから、暴力行為はさほどひどくなかったのですよね、あと本人は反省しそれ以後暴力行為は行っていないということですから、懲戒処分自体はさておき、まずは過去の行為に対して「戒告」および「減給」あたり、そして、将来暴力行為がもう一度あれば解雇、といったところではないでしょうか。

 

 

ひとまず回答は以上なのですが、

ご不明点については、返信機能をご利用くださいね。

やりとりの中で疑問点を解決していきましょう。

mezasesakurasakuをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
とてもわかり易く、親切なご回答ありがとうございました。
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

そのように言ってくださり、とても嬉しいです。

刑事告訴・告発 についての関連する質問