JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

つい出来心でパート先でレジからお金を抜いてしまった人が会社に見つかり認めないと訴えると言われて認めてしまったら、それ

質問者の質問

つい出来心でパート先でレジからお金を抜いてしまった人が会社に見つかり認めないと訴えると言われて認めてしまったら、それまで3年間の売上と現金の差全てをその人のせいにして支払いを求められたと聞きました。
その人にして みれば相当な額だった為、そうとう参っていました。
ちなみに不正行為の額1万円未満に対して、請求は200万円弱だそうです。
金額の問題ではないのは十分分かっているつもりですが、これってどうなのって思ってしまいました。
また、今後も何らかの仕事を続けて行きたいとのことで、訴えられるのはマズイと言ってました。
刑事沙汰にしないと言われたとはいえ、従った方が得策なのかアドバイス頂けないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

より詳しく教えてください。

認めた、とはどういう形で認めたのでしょうか。
書面に残したりしましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
書面は、ありません。
認めたのは、行為を行ったことを認めただけでマイナス分すべてを認めたわけではありません。
金額の大小ではなく、やったかやらないかの問いに対して返答したようです。
すみませんが、宜しくお願いします。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

それでは絶対にやってしまったこと以上の、金額・責任まで認めないようにしてください。
やった本人が認めているというのは、何より有力な証拠になりますし、ほとんどくつがえせないと思ってください。
よく「認めざるをえない雰囲気だった。」などと言う人もいるのですが、
えん罪事件の大半はそうやって起こっています。

訴えられることをご心配なようですが、
訴えるってそんな簡単なことじゃないんですよ。
200万円を請求したいなら、200万円分の証拠を集めないといけないんです。
200万円分を横領したという証拠がなければ、裁判所は「200万円支払え。」という判決は書きません。
不正行為1万円未満なのでしたら、その分は認めるにして、
裁判所が支払を命じるのはその額だけということになります。

そして、勘違いなさっているように思うのですが、訴えられたからといって誰かにばれるものでもありませんから、仕事を続けることは可能です。
思うに、刑事裁判と民事裁判をごちゃまぜにしてしまっているようです。
むしろ、反省をアピールしようとして全部を認めてしまうと約3年間で200万円横領したことになりますから、それこそ刑事事件になり、最悪逮捕ということです。
だから、絶対に認めてはいけないんです。

やった分だけを認めて、それは素直に支払う。
それ以上は否定する、というシンプルな態度を貫くようにしてください。
そして、裁判を誤解で恐れないようにしてください。
そこにつけこまれていると思います。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

大変参考になりました。


ありがとうございました。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
無事に解決するといいですね。

失礼します。

刑事告訴・告発 についての関連する質問