JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

4月中旬に娘のアルバイト先(ケーキのチェーン店)で、つり銭が合わない(5万円が不足)事が起き社員・アルバイトともにエ

解決済みの質問:

4月中旬に娘の アルバイト 先(ケーキのチェーン店)で、つり銭が合わない(5万円が不足)事が起き社員・アルバイトともにエリア担当のマネージャーか ら調査 の面談を受けています。 その後、お店から5万円が発見されました。 そこで、発見された日にシフトに入っていた数名のアルバイタに対し、 給与 の 振り込み 通帳のコピーの提出を求められて提出いたしました。その後、その他の通帳の提出を求められました。娘は、自身が 疑われている 様だと 不安 でいっぱいです。本人は、絶対にそのようなことはしていないと言っています。 やっていなければ、堂々とし白黒をつけるしかないと考えていますが、 アドバイス いただけますか。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

仮に釣り銭を盗っていたとすると、窃盗か横領になるわけですが、
とりあえず文字の表記は「窃盗」とまとめます。

窃盗の事実を立証するのはお店側です。
そして、立証できもしないのに、娘さんを疑い続け、しかも処分までしたとなると、
その処分には根拠がありません。

もし、白黒をつけたいのであれば、基本的には会社側から行動を起こすべきです。
万が一、会社が根拠もないのに決めつけて、処分をしてきた場合には、
娘さんの方から法的手段をとって、解決することになるでしょう。

今できるアドバイスとしては、
「絶対に認めないこと」に尽きます。
当たり前のようですが、疑われ続けると、やってもいなのに「やった」と言う人がいるのです。
えん罪案件の大半はそうです。なぜか認めてしまい、取り返しがつかなくなります。
そして、やっていないのであれば堂々としていてください。
不安になるということは、お店からすれば「やったのではないか」と疑う理由の1つにさえなりかねません。気を強く持つように言ってください。

あまりに疑いが継続するようであれば、そのことを理由に慰謝料を請求できる可能性さえでてきますから、きついようでしたら、そのときには改めて法律家を頼ってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


娘は、22歳の成人です。中学生の時にいじめにあい、20歳まで鬱・統合失調症で、今わアルバイトをしながら趣味のダンスを続けています。


このような時、親が出ていくべきでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
法的には、成人である以上は本人です。
親御さんが出て行ってもいいですが、あくまで脇役であるべきです。

どうしても不安であれば弁護士を代理人にするべきですが、
会社との交渉のみであれば、まだ弁護士は要らないでしょう。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問