JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 271
経験:  京都大学卒業
69318065
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

「転職会議」というサイトで自分の会社の投稿を見ていたところ 職種法人営業 この会社は痴漢行為で刑務所に入っても、営業部長になれます。無断欠勤からまさかの3ヶ月休職扱い。

質問者の質問

「転職会議」というサイトで自分の会社の投稿を見ていたところ

職種法人営業

この会社は痴漢行為で刑務所に入っても、営業部長になれます。無断欠勤からまさかの3ヶ月休職扱い。坊主頭で堂々の復帰!普通は有りえない。でも、営業部長になれます。子供が沢山いるのに恥ずかしくないかな?でも、引越は必要のようです。それは被害者にまた会ってしまうから、残念。。。今はそれを知らない社員を使い、井の中の蛙で偉い営業部長になっている。

2013年2月5日投稿 ID:mev491994
記事URL

とありました。

2年前に見に覚えのない罪で逮捕され20日拘留の上起訴。一 貫して否認していましたが泥沼になりそうなのと家族が心配なのとで容疑を認め執行猶予で社会復帰しました。退職を願い出ましたが上司の計らいで復帰。現在に至ります。
このような投稿がいつかはあるだろうと覚悟していました。出た時点で会社をやめようと。
ただし、悪意がある投稿にしか見えないので訴えたいと思っていますが無駄な動きになりますでしょうか?
刑事、民事ともに訴えた時の手続き方法などもご教示いただけると助かります
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

上司の計らいやその後の昇進及び努力...

あなたは会社にとって必要な人で、この投稿した人以外はみなさんあなたを慕っているのだと思います。

この投稿をした人だって、私が読む限りでは、単にあなたの才能を妬んでいるようにしか見えません。

ですから、こんな相手のこんな記事で会社を辞めるなんて、なんだか悔しすぎます。

..すみません、本題からそれてしまいました。

で、本題の回答ですが。

 

無駄な動きではないと思いますよ。

たしかに刑事にしろ民事にしろ、検察官や裁判官の判断の問題はあり、絶対に結果がでるということはできませんが、決して、「明らかに名誉毀損罪が成立しない」とか「明らかにプライバシー侵害ではない」という状況ではありません。

警察が動いてくれないかもしれない、というのが、最初の問題点としてありますが...

 

 

 

まず、民事のほうですが、名誉毀損又はプライバシー侵害に基づく損害賠償請求が可能です。

慰謝料としては、100万円ぐらいまでの裁判例しかなかったのですが、最近では400万円といった高額の裁判例も出ています。

ただ相場としては、50万円程度から100万円程度といったところでしょうか。

で、この民事で、損害賠償請求を行う方法なのですが、相手の住所地の裁判所に訴状を提出するという方法で、しかも被告つまり相手を特定して行わなくてはなりません。

ようは、相手の氏名と住所がわからないと、民事の裁判を起こすことができないのです。

氏名と住所を調べる方法としては、後述の刑事事件にすることで、警察・検察から相手の情報を教えてもらうという方法と、

プロバイダー責任法に基づいて、サイト運営会社にまずはコメントを書いた人の個人情報を開示してもらうという方法があります。

ただ...転職会議というサイトですが私も拝見したのですが、個人の氏名であっても偽名や偽の住所しかわからないかもしれませんね...

なお、必ずしも、この書式でないといけないわけではないのですが、念のため、書式を載せておきます。

この24頁目、この書面ですと22頁目に書式が載っていますので、参考になさってください。

http://www.telesa.or.jp/consortium/provider/pdf/provider_070226_guideline.pdf


それからその投稿記事はプリントアウトして証拠として保管しておいてくださいね。

 

 

刑事事件のほうは、捜査機関に任せることになりますが、まず、こちらがしなくてはいけないことは、投稿記事を持って、警察に行き、被害届を出すことです。

さらに告訴の書面も出したほうがよいとは思います。

告訴の書面を出さなくても、被害届が出されれば、警察は捜査を開始しなくてはならないのですが、被害届と告訴の書面ですと、警察は告訴の書面をかならず受け取らなくてはならない(それでも突き返すようであれば、警察の窓口におしつけてきても結構です。)のですが、被害届ですと提出させないようにさせることが事実上あることがありますので...

ですので、警察が被害届を受け取らないような流れにもっていこうとしていると考えるならば、直ちに、告訴の書面を出すというのが、てっとり早いかと考えます。

なお、告訴は、本当は口頭でもできます(刑事訴訟法241条)が、なぜかこれまた書面でないと告訴の受付はできません、などという警察もいますので、注意してください。

告訴をした場合、立件され(つまり事件番号が付され、その事件の捜査開始の準備がはじまります)、その事件は、検察に送致(事件送致とよばれますが)されます。

その後、捜査がすすみ、不起訴処分か起訴処分のどちらががなされ、起訴されるとあとは公判となります。

告訴をしていますと、検察から、不起訴処分か起訴処分があった場合には、ただちに告訴した者にその旨の通知が来ます(刑事訴訟法260条)。

(なお、検察の運用で、告訴していなくても被害者には、不起訴処分か起訴処分の旨を通知することにはなっていますが。)

 

 

そして、起訴処分になれば、裁判所にて公判の記録を閲覧謄写させてもらうことができますので、相手の氏名・住所がわかります。

裁判所(事件担当書記官がいますので、その人に具体的な手続は聞いてくださいね)に、公判記録の閲覧謄写請求を行って下さい。

 

 

他方、不起訴処分になった場合ですが、

損害賠償請求の民事裁判を起こす目的であれば、総務省(検察ということですね)の運用方針では、相手の情報等を教えるという運用になっています。

その事件に関して担当検察官がいますから、担当検察官に、情報開示請求を行って下さい。
念の為不起訴処分であっても情報を教えてもらえる運用になっていることを説明したサイトを載せておきますね。

http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji_keiji23.html

 

以上が回答なのですが、回答の中で、不明な点追加で質問したい点等ございましたら、遠慮なくご質問くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
丁寧なご回答に感謝いたします。また、冒頭の励ましの言葉、読みながら涙をぬぐっていました。サイトを発見した時はとにかく落胆し、何をしなければならないか全く考えられていませんでした。これから落ち着いてこれからのことを考えます。回答をいただき気分的に少し楽になりました。ありがとうございました。
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

冒頭は、私の心からの本心です。

ですから、正直なところ、こんなコメントを書き込むような人間は処罰されてしまえ!と思ってはいるのですが、

あなたでしたら、こんなコメント放置していても、そんなのはね返してしまえるぐらいだと考えます。

お気持ち落ち着いてから、コメントを書いた人に対して、どういう行動をとるか、ゆっくり考えてくださいね。

刑事告訴・告発 についての関連する質問