JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 41
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

地方教育行政の組織と運営に関する法律(略して地教行法)についてお尋ねします。今私の地元で小学校の統廃合の問題がおきて

質問者の質問

地方教育行政の組織と運営に関す る法律(略して地教行法)についてお尋ねします。今私の地元で小学校の統廃合の問題がおきています。その地域住民への説明会に教育委員会は出席せず事務局の教育部長が出席して説明しています。それに私は法律違反ではないかと考えています。地教行法の23条で教育委員会の権限を定め、24条で地方の長の権限を定めています。それに拠れば、学校の設置と廃止は教育委員会の権限であり、また教育委員会はそれを構成する一人教育長を除いて一般行政機関から独立していて、議会に責任は負わないし答弁の義務もありません。そのかわり直接地域住民に責任を負い説明責任があります。また地教行法の26条により教育長は教育委員長から委任された事項については教育委員会に諮らずに事務を進めることができます(教育長の委任事項専決事項)。しかし地教行法26条2項3号により、学校の設置と廃止は委任事項から明確に除外されています。したがって、教育委員会は地域住民への説明をせずに事務局まかせにしているのは、明らかに違法行為と思われますが、法律の専門家のご意見をおきかせください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発

刑事告訴・告発 についての関連する質問