JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1359
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

私の友人(70歳女性)は会社がマンション管理組合から受注した日常清掃業務にパート契約で従事し7年館勤務しました。

質問者の質問

私の友人(70歳女性)は会社がマンション管理組合から受注した日常清掃業務にパート契約で従事し7年館勤務しました。
今年1月15日に突然解雇通告を受けました。社長はⅠ月分の給与を支払うと言います。
解雇理由(職場環境を乱した)には全く覚えがないが部下/同僚に厳しく指導をしたという事が社長には職場を乱したと映ったようです。
Ⅰ月分の給与が支払われれば解雇に正当性があるのですか(監督署は不法解雇には相当しないといいます)。Ⅰ月の給与分で我慢するしかないのですか。
会社は失 業保険、社会保険、等に加入していません。この場合は失業保険は給付されないのですか。
解雇通告を受けた時社長の部下と小競り合いがあり私は手首をねんざ・打撲の傷害を受けⅠケ月以上通院していますが全額自己負担をさせられています。保険給付は受けられないのですか(監督署からは労災認定は難しいといわれました)。
警察には傷害を受けたことを届けましたが示談を薦められました。

年齢を考えると再就職の道は厳しく途方にくれています。
今後取るべき道(民事、刑事、行政責任)を教えてください。
友人を助けてあげたく代理として相談させて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 4 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはJustAnswerユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:まだアドバイスが必要。
軽微な問題なのでしょうか
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 

 >Ⅰ月分の給与が支払われれば解雇に正当性があるのですか(監督署は不法解雇には相当しないといいます)。Ⅰ月の給与分で我慢するしかないのですか。

 

 →解雇予告手当ての支払と解雇の正当性とは関係ありません。また解雇予告手当てを支払ったからとて、不当解雇でなくなるわけのものでもありません。

 

 不当解雇の場合、たとえば、給与6ヶ月分、12ヶ月分などの請求が可能です(労働審判等による)。

 

 >会社は失 業保険、社会保険、等に加入していません。この場合は失業保険は給付されないのですか。

→支給されません。しかし「この会社は保険に入らず、保険料を免れていますぜ」とチクってやることは可能です。

 

>解雇通告を受けた時社長の部下と小競り合いがあり私は手首をねんざ・打撲の傷害を受けⅠケ月以上通院していますが全額自己負担をさせられています。保険給付は受けられないのですか(監督署からは労災認定は難しいといわれました)。警察には傷害を受けたことを届けましたが示談を薦められました。

 

→職場で暴力を受けたのですから、労災でしょう。健康保険を使わず、療養補償給付の請求を行いましょう。傷害罪で告訴してください。示談などする必要ありません。

 

行政責任というのは全くの的外れですが、民事刑事それなりに追及は可能です。

 

 ※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

刑事告訴・告発 についての関連する質問