JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

電車内で言い合いにあった相手を故意無く怪我させてしまいました。 警察に行き、話し合いと警察からの説得の結果、 話

質問者の質問

電車内で言い合いにあった相手を故意無く怪我させてしまいました。
警察に行き、話し合いと警察からの説得の結果、
話し合いにて解決する事になりました。
その後、加害者に故意は無かったものの、被害者は軽症をお ったので
治療代などを支払う。また、刑事事件として取り扱わないものとするといった和解書に双方にサインしました。
その後、病院にいったところ鼻を骨折している事がわかりました、。
治療費はトータル2万円程度の怪我でしたが、慰謝料200万円を要求されており、
要求通り支払わないと刑事告訴すると被害者は主張しています。
被害者が弁護士に相談したところ、警察署の対応、和解書をかかせたのは
不当な行為で、実は納得していないとの事です。
治療費と交通費で3万円ほどの明細は教えてもらいましたが、
それ以外の明細は一切教えてもらえず、トータル200万円を支払わないと
告訴するとの事です。また、会社にも連絡するといわれております。

和解書を書いたのに、このような脅迫のような形で告訴されるということはあるのでしょうか?
治療費などの実費は支払って早期解決をしたい意思はありますが、
明細が100%わかっていないのにトータル200万円には納得できません。
とはいうものの、前科がつくのは困ります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

せっかく相談に行ったのですし、その弁護士の言うことを信用してください。
私も全くの同意見であり、自信もあります。

故意なく怪我をさせたのであれば過失傷害罪であり、非常に微罪です。
慰謝料200万円などという請求は、全く根拠がない請求であり応じる義務はありません。

また、仮に告訴されたとしても、
和解書を警察や検察に見せることで事件は終わります。
前科がつく心配はないといえます。

治療費だけ支払って、支払った形跡を残して、あとは放置でも構わないと思います。
200万など訳のわからない請求をするところからして、まともな被害者ではありません。
200万といったら故意による重傷レベルです。

会社に言ってきたら、逆に訴えることさえ可能です。
そんなことを言い出していることからして、まともな人ではないんです。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございました。

相手も、弁護士に相談した上で、

告訴可能、明細開示は必要なく金額は妥当と主張しているので

非常に心配していました。

とりあえず、警察に和解書のコピーをもらいに行こうと思います。

法律相談所の有料相談でも、突拍子もない金額といわれましたが

それにしては、相手はかなり強気で要求してきましたので

和解書が覆されるのではないかときになっていました。

ありがとうございます。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士に相談した結果です、というウソをつく人はとても多いんですよ。

ちなみに、故意で人を殴って怪我をさせても20~30万くらいです。

200万なんて、本当にとんでもない額です。

少々気がかりかと思いますが、今回のことは反省し前を向きましょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.


どうもありがとうございました。


大変役に立ちました。


私も軽率な行動をとったと反省しています。


早期に解決させたいと思います。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
がんばってくださいね。

早く心配から解放されることを祈っています。

刑事告訴・告発 についての関連する質問