JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

初めまして、売掛金の未払いの件で質問させて戴きます、 簡易裁判による相手が当方に対する支払い判決が決定されました、

解決済みの質問:

初めまして、売掛金の未払いの件で質問させて戴きます、
簡易裁判による相手が当方に対する支払い判決が決定されました、
支払期日が過ぎても支払いがない為、相手の取引銀行へ仮差押え処分の申請を致しましたが、
銀行より、差押えに係る債権がないとの連絡が戻ってまいりました、
次の段階として、どのような手段を取って行けば良いのかアドバイスをお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。
お力になれれば幸いです。

確認させていただいてもよろしいでしょうか?
>仮差押え処分の申請を致しましたが
→簡易裁判所で出た判決文に基づいて相手方の銀行口座を債権執行されたということでよろしいでしょうか?

この相手と言うのは法人ですか?個人?


>銀行より、差押えに係る債権がないとの連絡が戻ってまいりました、
→この他に相手方の銀行口座はわかりませんか?
あと、この相手方にめぼしい財産など(家・車・相手が持っている他社の売掛金債権など)はございますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.


早速の回答有難う御座います、相手は個人です、車を持っておりますが


本人名義なのか不明です、取引先の債権情報は多少あります、

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「取引先の債権情報は多少あります」とのことですので、相手方が保有する銀行口座がこれ以上わからない場合は、この相手方が保有する売掛金を差し押さえてみるのがよろしいかと存じます(相手方と一緒に相手方の取引先に出向いて回収ができるなら、わざわざ強制執行をせずに回収してもいいですが、相手が協力せず、取引先も本当に払っていいのかわからないから払いたくないとおっしゃる方も多いので、そういう場合に売掛金の強制執行を申し立てられるのがよろしいと思います) 。
口座を差し押さえた場合と申し立て方法はほとんど変わりませんが、差押債権目録の記載方法が若干異なりますので、下記のフォーマットをお使い頂ければと思います(東京地裁のフォーマットですが愛知でも使えると思います。)

【差押債権目録 売買代金】
http://www3.ocn.ne.jp/~tdc21/saiken/s-uketuke/PDF/sasimoku/sa1-03.pdf

その他に、動産執行という強制執行方法もあります。
動産執行で押さえれる対象物は、民事執行法122条に規定がありますが、実際には現金・貴金属・骨董品等換価できる高価なものが対象となります。
家具・家財道具に対しての動産執行、一般家庭であればほとんど執行不能に終わります。
なぜかというと、ひとつに差押禁止財産というものがあります。民事執行法第131条に記載されていますが、ちなみに裁判所が公表している差押えできないものの基準は以下になります。
・整理タンス 
・洗濯機(乾燥機付きを含む) ※
・ペット
・洋タンス
・調理用具
・食器棚
・食卓セット
・冷蔵庫(容量を問わない) ※
・電子レンジ(オーブン付きを含む) ※
・瞬間湯沸し器 ※
・ラジオ ※
・テレビ(29インチ以下) ※
・掃除機 ※
・冷暖房器具(但し、エアコンを除く)
・エアコン ※
・ビテオデッキ ※
(※印の物が2点以上ある場合には一点に限る。)
これは、基準ですが生活用品はほぼダメと考えてもいいです。
ですので、動産執行を行う基準としては家に現金やお金になりそうな嗜好品をおいてそうであれば行う価値があるということです。
なお、軽自動車は動産執行の対象となりますが、また所有権留保と言ってローン会社が所有者になっている場合も差押えはできませんし、金額が付かないほど年数が経っている場合も差押えできません(費用がたくさん掛かるため)
動産執行の費用は裁判所によってかわって きますが、予納金として5万円ほど納める必要があり、倉庫などを借りないと保管できない場合は倉庫代、鍵屋を使った場合は鍵屋代(3万円ほど)もかかります。

お金がない人は変な話ですが非常に手ごわいです。
我々も口座を差し押さえても空っぽというのはよくあるケースです。
毎日毎日金策している方は強制執行されてもいいように口座からお金を出しておくことはよくあることですので、そうしてしまえば強制執行など全く怖くないかもしれません。
しかし、ご家族と同居していれば、その家にある嗜好品に対して家族がいる時を見計らって動産執行をすれば、執行官が、鍵を開けてでも乗り込みますので、びっくりしていくらか払ってくれることもあります。
もし、口座の差押えや売掛金の回収もうまくいかないようであれば、こういう合法的脅しのようなことをするということも場合によっては検討してもよろしいかもしれません。
gyoenlegalをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問