JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

万引き三回目 二年前に二回ともほぼ同時期です。 一回目は初犯だったので指紋、調書で終わりました。二回目は書類送

質問者の質問

万引き三回目 二年前に二回ともほぼ同時期です。

一回目は初犯だったので指紋、調書で終わりました。二回目は書類送検で検察側から「三回目はダメだからね」と言われましたが、今回、一万円相当の化粧品を万引きし、警備員に確保されました。二回目以降、心を改め、一切万引きはしてません。 一年程前からうつ病を患い通院中です。たまに過呼吸になります。今回も店内の事務所での対応中、過呼吸になってしまい、そのまま帰宅で、「後日準備が整い次第、何度かお呼びしますので、お願いします。」とのことでした。この意味は何なのでしょうか?実は、万引きした場所はレンタルショップで私は度々利用しわれるのがてます。けれど、化粧品は軽く見る程度で買いません。ところが、お店の店員さんが「おまえだろ?うちの被害は相当だから被害届をだしてあるからな」といわれました。まるで、今までの被害は私だ!と言わんばかりに・・・。私ばかりに責任をおいつける店員に腹立たしい気持ちで一杯でした。普通、その時にしなものの万引きに対し、調書を書くと思われるんですが、やはり、私は被害届の対象になってるんでしょうか?これからほぼ毎日やってないのに「これもお前だろ?」といわれるのかも・・・と高くつきますか?
思うと余計う様になtってしまいまして、死にたいくらいです。弁護士を雇った方がいいですか。罰金より高くつきますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

2回目からは心を改め、一切万引きをしていないと書かれておりますが、
今回化粧品を万引きしたとは、どういうことでしょうか。
誤記でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

三回目、確かに一万円相当の化粧品を万引しました。問題は、即、調書ではなく、後で何回か暑にきてもらう・・・とのことです。確かに、私は事務所で尋問中、過呼吸をおこし、家族に迎えにきてもらいました

質問者: 返答済み 4 年 前.

三回目、確かに一万円相当の化粧品を万引しました。問題は、即、調書ではなく、後で何回か暑にきてもらう・・・とのことです。確かに、私は事務所で尋問中、過呼吸をおこし、家族に迎えにきてもらいました

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
それは何度か取り調べを受けるということでしょう。
窃盗罪を犯したのですから、やむを得ないことです。
しかも3回目ですから、反省・更生の余地がないと見られてもやむを得ません。

弁護士を雇ったところで、罪を消すことはできません。
ですから、現時点で弁護士をつけたところで、意味はほとんどありません。
今後、警察の指示にしたがってできる限りの謝罪をして、起訴猶予になることを願うしかないでしょう。

他の件も対象にされるかどうかは、警察の捜査次第です。
証拠が何もなければ立件はされません。

刑事告訴・告発 についての関連する質問