JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

カテゴリーを変更して、再度の質問です。 詐欺被害の返金(約9百万円)を求めた民事裁判に、被告が答弁も出廷もせず、原

解決済みの質問:

カテゴリーを変更して、再度の質問です。
詐欺被害の返金(約9百万円)を求めた民事裁判に、被告が答弁も出廷もせず、原告が勝訴して債務名義を得た場合、その判決を元に、初めから被告には騙す意図があった証として、詐欺罪で刑事告訴する事は可 能ですか?

現在、訴訟提起を進めていますが、返金の意志を示さず、裁判所からの送達も無視する詐欺師には、刑事罰を与えなければ気が済みません。以前から何度も警察に相談していますが『詐欺の立証は困難』との理由で被害届を受理してもらえません。
裁判所の判決は刑事告訴を進める「詐欺の立証」として有効でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

  

 

 詐欺罪(刑246条)の成立には、欺罔行為→錯誤→財産的処分行為があり、これらが主観的・客観的に因果関係の連鎖があることが必要です。 

 

 構成要件(条文)に当てはめて告訴状を作成しないといけませんので、素人がナマの事実を書き連ねてもなかなか受理してもらえない事態が予想されるので、行政書士・刑事弁護士に依頼されたほうがよいでしょう。

 

 >裁判所の判決は刑事告訴を進める「詐欺の立証」として有効でしょうか?

→民事と刑事は直接の関連はなく、両者で矛盾した判決が出される場合もあります。よって有効ではありません。

 

 

>被告が答弁も出廷もせず、原告が勝訴して債務名義を得た場合

 

→欠席判決で紙上判決が下りた場合なので、実質的審理がなされていない可能性があり、これのみで刑事処分に足りるとは思えません。

 

 刑事告訴に足りる立証を原告がわ(検察官がわ)が行う必要がありますので、厳格な証明が必要です。

kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問