JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

jo-banに今すぐ質問する

jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めまして、質問させてもらいます。本年度の3月に交通トラブルによる事柄により、相手に対して興奮し暴言や突くようなこと

質問者の質問

初めまして、質問させてもらいます。本年度の3月に交通トラブルによる事柄により、相手に対して興奮し暴言や突くようなこととなってしまい、相手が【胸に全治一週間の打撲の診断書】警察へ被害届けを出したと、7月の先日警察より呼び出しを受けました。即日、警察の取調べを受けましたが、事件より4ヶ月たっており、数分間の出来事であまり覚えていませんでした。刑事さんも「相手は、殺されたり、顔を殴られたとかではないので、すいませんと一言いえば今日、調書を取って、地検に一回呼ばれて簡単に終わるからやったでしょ」と言われていました。そしてもう一回家に帰りよく思い出すこと、後日、身元引受人を決めておくこととなり、数日後に半日調書を作るから来なさいとなっています。刑事さんは、否認だよと言っていました。自分もそのような仕草をしたのは事実のようだった様に思います。前科などはまったくないので逮捕もないと言っていました。正直、おもいっきり殴ったようなこともないし、そんなに怪我をするくらいおもっています。
その事実が違う場合でも認めたほうが良いのでしょうか?
また今後、次回警察に半日行って夕方迎えに来てもらって帰れると言っていたので
そうできるのでしょうか?その日に認めなければ何回か呼ぶことにもなるし、
どうなるかわからないよとのことです。
その後の事件解決までの流れを教えてください。
地検に行き罰金・・・といっていたようにも思います。
弁護士さんにも相談したほうがいいの?と聞いたら、すいませんって言えって言われるよ、
そんな大きい余計な金を使うのはもったいないよ。そのくらい小さいんだよ。と言っていました。示談などの必要やどの場面でのやり方・会社にばれたりしないか、前科なども気になります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こんにちは、弁護士です。

>その事実が違う場合でも認めたほうが良いのでしょうか?

理想と建前の難しい問題です。
警察が言っているとおり、現実的な考え方をすれば、やっていないことでも簡単に認めてしまえば、逮捕もなく前科もつかずに終わる可能性が高いです。
半日拘束されること以外にデメリットはないといえます。
ただ、気持ちのもやもやが残ってしまう、という問題が残るのです。

この点を質問者様において考慮していただいて、
「だったら面倒だから認めてしまおう」となるのであれば、認めてしまった方が早く済みます。

気持ちの問題としてすっきりしない、真実を明らかにしたい、ということになれば、
取り調べは続くでしょうし、診断書の件も争う必要があります。
徹底的に争うのであれば、突いた事実と診断書が存在する以上は、不利であることは否めません。

弁護士としては、依頼者のメリットを考慮して「認めた方がいい」という選択肢は否定できませんね。


>また今後、次回警察に半日行って夕方迎えに来てもらって帰れると言っていたので
そうできるのでしょうか?

すべて認めれば、そうなる可能性は高いです。
被害者には悪いですが、大きな事件ではありませんから、わざわざ逮捕をする可能性は低いといえるでしょう。警察も無駄なウソはつかないと思います。


>示談などの必要やどの場面でのやり方・会社にばれたりしないか、前科なども気になります。

まず、前科はつきません。前科は、刑事裁判になって有罪判決が出た場合にはじめてつくものですから、本件では前科にはなりません。

次に、会社には言わない限りばれないはずです。

そして、示談の必要性も低いです。道義的に謝罪はした方がいいでしょうが、
起訴される確率が低い以上、示談をする必要はないと思います。
謝罪文を書いて渡す、というくらいで十分でしょう。
金銭を求めてくるようであれば、被害者に連絡を取って、
「示談したい。」と率直に申し入れてください。
そこで、「示談金を受け取りましたので、**さんの処罰は求めません。」といった内容の書面に署名捺印がもらえれば、それを警察か検察に提出します。
ここまでやれば、ほぼ起訴は免れるでしょう。


>その後の事件解決までの流れを教えてください。
地検に行き罰金・・・といっていたようにも思います。

前述のとおり、被害者に謝罪を申し入れて、「許します。」ということになれば、地検に行ったとしても起訴される見込みは低いです。
したがって、罰金刑にはならず、起訴猶予ということになるでしょう。
そうすれば、前科にはなりません。

認めないで争った場合には、検察庁に事件が送られて、検察官が刑事裁判にするかどうかを判断します。
そこで、起訴に踏み切られた場合には、裁判所で審理されます。
その場合には、軽い刑になるでしょう。罰金は最大で30万円です。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございました。大変参考になりました。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こちらこそ、ありがとうございました。

よくお考えになって、納得のいく行動をとってください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    41
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    41
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    30
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    16
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3234
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    41
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
 
 
 

刑事告訴・告発 についての関連する質問