JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

慰謝料の請求について

解決済みの質問:

慰謝料の請求について
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは、弁護士です。

まず、「声も聞きたくない」という点ですが、
1 代理人弁護士を立てて請求する
2 ご自分で交渉するのであれば、すべて文書でのやりとりとする
という2つの方法が考えられます。

1は弁護士費用がかかるというデメリットがありますが、加害者とのやりとりはすべて弁護士が行ってくれますし、相手に対するプレッシャーも強くなるでしょう。

2は労力がかかり、文書とはい加害者と直接やりとりしなければならないというデメリットはありますが、費用は安く上がります。


次に、慰謝料の点ですが、
今後症状がどのようになるか不明ですが、特に大怪我をしていないのでしたら、10~20万といったところでしょう。また、仕事を休んだ分について、休業損害も請求可能です。
この交渉の方法ですが、刑事告訴をにおわせた方が額が上がりやすいです。
加害者からすれば、警察沙汰になるのは避けたいため、慰謝料を少し高く払ってでも、警察沙汰になることを避けようと思うのです。
ですから、「金○万円を請求します。払えないようであれば、警察に告訴します」といったような交渉方法がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。
10万から~20万の中には休業補償は含まれるのでしょうか?
現在日当8000円の給料を会社からいただいております。
もし、弁護士の方に依頼する場合費用はどのくらい掛るのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

慰謝料として10~20万で、休業補償は別です。
もちろん、治療費も別です。
慰謝料は、相手に収入が見込めるのであれば、もっと増額しても構わないでしょう。
最初につり上げておいた方が、譲歩の姿勢を見せやすくなり、交渉を強気に進められます。


弁護士費用ですが、これは弁護士次第としかお答えようがありません。
請求額が大きくありませんので、数万~10万といったところでしょうか。
請求額を増やして、回収額も増えた場合には、成功報酬として回収額の10%程度がかかります。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問