JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

ある窃盗事件がありその盗品を買った自分は盗品有償譲り受け罪で任意で事情徴収を受けております。現在盗んだ人とその人を紹

質問者の質問

ある窃盗事件がありその盗品を買った自分は盗品有償譲り受け罪で任意で事情徴収を受けております。現在盗んだ人とその人を紹介してくれた人が別件で逮捕され拘留中です。自分は盗品と知らずに購入したのちに盗品の疑いが強まり返品しましたが逮捕されている2人が自分も盗品と知っていて購入したはずと供述しており自分はかなり疑われております。今まで2回任意で事情徴収を受けましたがこのまま否認していた場合逮捕されることはあるのでしょうか?どうしたらよいのかわからずに困ってますので宜しくお願い致します
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは、弁護士です。

まず、盗品であるという認識については、否認し続けてください。少しでも「確かに、もしかしたら、という気はしてました」というと、警察はたたみかけてきます。そして、納得いかない調書には決してサインをしてはいけません。

質問者様にとって有利なのは、本件の供述者の供述は信用されにくい、という点です。警察官もこれをわかってます。
つまり、共犯は通常「あいつもやりましたよ」と言って、他人を犯罪に引っ張り込んで、自分の罪を軽くしようとする傾向があるので、なかなか信用されません。そして、共犯らの供述のみで有罪にするのは難しいので、警察はなかなか逮捕に踏み切れないでしょう。この点でも、警察は自白がほしくてたまらないはずです。

盗品性の認識ですが、おおまかに、
・その物品の性質(人に譲ることがあまりないような物だと不利。たとえば、新車や新品のパソコンなど)
・取引価格(不当に安いと不利)
・売り主(売り主が、窃盗傾向がある者だと知っていた場合に不利)
・取引時間、場所(あえて人目につかないような時間、場所で取引した場合に不利)
・紹介者(紹介者が、犯罪に関与しそうな人だと知っていた場合に不利)
といった観点で判断されます。
このような観点から、質問者様にとって有利な内容を供述していくといいでしょう。
(例:買ったのは中古のゲームソフトで、売り主とは初対面。紹介者も**で知り合って、犯罪をするような人だとは思わなかった。)

2度聴取を受けても逮捕されないということは、新たな証拠が出てきていないのでしょう。しっかりと言い分を説明して、新たな証拠が出ない限りは、逮捕される可能性は低いです。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
返答有り難うございます。まず取引価格は相場よりかなり安かったと思います。取り引き場所は自分の指定した場所ですが時間は相手の都合で夜になりました。紹介者も現在は別件で逮捕勾留中です。自分に不利な条件ばかりなようで不安です。有利なのは二人の証言以外には証拠がないこと位ですね。いくら捜査が進んでも証言以外には証拠がありません。このような状況でも否認し続けていても大丈夫でしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
逆に否認続けないと逮捕されてしまいます。
自白よりも強力(質問者様にとっては脅威)な証拠はありません。警察は、自白した瞬間に逮捕しようと思っているくらいかもしれません。


「なんでそんな安く買えると思ったんだ」などと言われた場合に、しっかりと答えられるようにしておきましょう。うまく「そんな安くて、怪しいと思っただろう?」といったように、誘導されかねません。

場所が普通の場所であれば、夜であることは問題ありません。夜じゃなければ会えなかったといえば済む話です。

証拠がない、というのはとても有利です。そもそも、盗品かどうか知っていたかという内心の問題は、さきほど回答に挙げた盗品性の認識に不利に働く事情が多くないとなかなか逮捕はされません。

共犯者らとの関係をしっかりと否定し、ご自分の認識を説明し続ければ、逮捕される可能性は低いといえるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
返答有り難うございます。まんがいち逮捕されてしまった場合はどうなりますか?30代後半で自営業で犯罪歴はありません。正直二度の事情徴収で精神的にまいってまして否認し続ける自信がありません。ほんとは今の段階から弁護士さんに依頼できればよいのですが経済的にも厳しいので頼みたくても頼めないのが現状です
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士からしますと、自白さえしなければ大丈夫である可能性が高いと思うので、なんとか踏ん張ってほしいです。逆に、自白をすると、とんとん拍子で裁判まで進んでしまう可能性があります。

逮捕されたあとは、勾留されます。
だいたい10日くらい身柄拘束を受けるでしょう。
その後、刑事裁判にするかを検察官が判断します。
初犯ということでしたら、執行猶予がつく可能性が高いです。
もちろんこれは自白した場合です。

刑事告訴・告発 についての関連する質問