JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

彼女と合意の上での性交渉でしたが、相手の親が強引にされたと訴えてきました。本人が反省して強引にやったことを認めなけれ

質問者の質問

彼女と合意の上での性交渉でしたが、相手の親が強引にされたと訴えてきました。本人が反省して強引にやったことを認めなければ警察へ告訴するといっています。認めればその後は弁護士をたてて交渉に入るとのことです。
警察へ告訴することを避けるためには、強姦まがいなことをしたと一方的に非を認めてしまうことが良いのでしょうか。また、認めてしまったことにより今後の交渉に不利となるのことがあるのですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
合意の上に性行為をしたのであれば、それは強姦ではありません。合意があっても強姦となってしまうのは、相手の女性が13歳未満であった場合のみです(刑法第177条後段)。
ですから、合意があって、相手の女性も合意があったことを認めているのでしたら、告訴をしても捜査が始まり刑事裁判に発展するとはいえません。


弁護士を立てて交渉とのことですが、合意があって性行為をしたのであれば、何も悪いことはしていないのですから、弁護士であっても何も請求することはできません。


>警察へ告訴することを避けるためには、強姦まがいなことをしたと一方的に非を認めてしまうことが良いのでしょうか。

という点ですが、強姦まがいのことをしたと認めるということは、告訴の内容を認めてしまうということです。していない(=合意があった)のであれば、それを貫くべきでしょう。認めるということは、強姦の事実を認めるということです。

>認めてしまったことにより今後の交渉に不利となるのことがあるのですか。

大いに不利になります。
合意があったのであれば、何も責任を問われないことを、認めてしまうことにより、刑事責任・損害賠償責任を負う事実を認めてしまうことになります。

もっとも、実際に強姦ではないと言い切れない場合には、認めてしまうのも1つの手段です。
jo-banをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

その時は合意でしたが(こっちの思い込み?)、相手の親は合意で無かったとの一点張りです。彼女との話もできません。彼女が言っているのであれば証明することは難しいです。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
本気で争いたいのであれば、
質問者様が、合意があったことを証明する必要はありません。
警察や検察が、「合意はなかった」と立証しなければならないのです。
仮に慰謝料を請求されたとしても、慰謝料を請求する側が、「合意はなかった」と立証する必要があります。

しかし、いったん「合意はありませんでした。申し訳ありません」と謝罪すると、それは合意がなかったことを裏付ける有力な証拠になってしまいます。

相手のご両親の意見は、本件ではまったく関係なく、相手の女性がどう言っているかが重要です。ここは、質問者様と女性の関係次第です。

質問者様が、今冷静に考えてみて、合意があったと言い切れないのであれば謝罪して、穏便に済ませた方がいいでしょう。
合意はあった、と言い切れるのであれば、それを貫いた方がいいでしょう。

刑事告訴・告発 についての関連する質問