JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kionawakaに今すぐ質問する

kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

初めまして、神奈川県在住の野田と申します。 実家が問題を抱えているため、相談させて下さい。 2010年10月

解決済みの質問:

初めまして、神奈川県在住の野田と申します。
実家が問題を抱えている ため、相談させて下さい。

2010年10月頃から2人組が家に住み着いて困っています。
元々は、ホテルで生活をしていて、同じ職場で働いている2人を
ホテル代がかさんで大変だろうと父が親切心で少ない家賃で住んでもいいと呼んだらしいのです。
その二人は職がなくなり2ヶ月目にして家賃を払わず、ついには家の物を無断で質屋などに売り払ってお金を作っていました。父が、家のものがなくなっていると気づき、二人に問いただしたら、発覚したとのこと。(2011年の1月頃です。)それと同時に、車検切れだったり、前科があることもわかりました。
警察に通報しようとしたのですが、売り払ったものは働いてお金で返すと約束し、書面にも書いたので
しばらく様子を見ることになりました。結局お金も払わず、家を出る約束もしたのですが、
行く先を探していると言い、結局今現在も住み着いています。

息子の私は、2011年の正月に実家に帰った際に一度会いましたが、
それ以来は私が帰省する時は何処かへ行っています。会えない為、話をすることも難しい状態です。
私としては、名前も素性もわからない2人組は、窃盗罪、住居侵入罪、不退去罪、牽連犯
等に該当するのではないかと思うのですが、どうしたら出て行ってもらえるのでしょうか。
やはり、まずは警察に通報したほうがいいのでしょうか。

長い質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>元々は、ホテルで生活をしていて、同じ職場で働いている2人を
ホテル代がかさんで大変だろうと父が親切心で少ない家賃で住んでもいいと呼んだらしいのです。

 

→住居侵入罪(刑130条「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、または要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者」は、居住者または看守者の承諾ないし推定的承諾のある場合には成立しません(構成要件該当性阻却)。

 

 >その二人は職がなくなり2ヶ月目にして家賃を払わず、ついには家の物を無断で質屋などに売り払ってお金を作っていました。

 

→窃盗に当たるか横領に当たるかですが、お父様の財物に対する占有が及んでいるか否かによります。

 

 窃盗罪の客体は「他人の占有する他人の財物」(刑235条)ですが、ここで占有とは、財物に対する事実的支配のことです。

 

 財物を一時他人に渡しても、具体的状況上、手渡した者の側に、なおその物に対する占有があると認められる場合もあります(乗客が駅で手荷物を赤帽に手渡して運搬させる場合には、その占有は、乗客にある。)。

 

 しかし、本件では、家を貸したわけで、特に室内の什器などについても賃借人が自由に手に触れることができる状態にあったことからして、賃貸人の占有が及んでいたとは考えられません。

 

 そこで横領罪の成否が問われます(刑252条「自己の占有する他人の物を横領した者」)。

 

 >売り払ったものは働いてお金で返すと約束し、書面にも書いたので
しばらく様子を見ることになりました。

 

 →横領とは、自己の占有する他人の物を不法に領得することをいい、いわゆる不法領得の意思を実現するすべての行為をいいます(領得行為説・判例 大判大6.7.14、最判昭28.12.25)。

 

 横領行為は、委託物に対する保管の義務に違反して、その物を不法に処分することです。自己の占有する他人の物に対して、保管義務に反する意思を実現して客観的な処分行為がなされなければなりません。

 

 客観的な処分行為は、物の売却(最判昭24.6.29)、贈与(東京高判昭39.4.8)、貸与(大判明45.5.2)、交換(大判明43.9.27)、質権(大判明43.12.5)、抵当権(最判昭31.6.26)、譲渡担保権の設定(大判昭9.7.19)、債務の弁済への充当(最決昭32.12.19)、預金(東京高判昭31.2.25)、その引き出し(大判明43.7.26)、振替などのような法律的処分行為であぅても、

 

 費消(最判昭32.11.19)、着服(最判昭35.10.10)、拐帯(東京高判昭34.3.16)、抑留(大判明44.5.22)、搬出・帯出(最決昭36.12.26)、毀棄・隠匿(大判明44.6.8)、共有物の独占(大判明44.2.9)、共犯者への物の交付(大判大6.7.1)などのような事実上の処分行為であってもよいとされています。

 

 黙示の賃貸借契約があると思うのですが、これを破棄(解除)して、退去してもらうことです。

 

 お父様の意思に反して居住を始めた時点から、不退去罪が成立するとみることもできますが、横領罪で告訴する旨申し向け、返済を確約してもらうことです。

 

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

>黙示の賃貸借契約があると思うのですが、これを破棄(解除)して、退去してもらうことです。

 

もう貸しませんので、出て行ってください。と言えば良いのでしょうか。

口で言うのは以前からしているのですが、効果がありそうに思えません。

 

 

> お父様の意思に反して居住を始めた時点から、不退去罪が成立するとみることもできますが、横領罪で告訴する旨申し向け、返済を確約してもらうことです。

 

横領罪での告訴状を作成し、返済をするならば告訴はしないといった流れでしょうか。

それとも、告訴もしますが、返済もしてくださいという流れでしょうか。

また、告訴する際は、無断で売り払われた物の金額や商品名等も資料として

必要でしょうか。既に手元にないものなので詳しく書けないものもあるのですが。

大部分は売られて行方不明ですが、2人組が一部買い戻して戻ってきたものもあります。

 

上の2点も返答お願いします。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.
>黙示の賃貸借契約があると思うのですが、これを破棄(解除)して、退去してもらうことです。

 

>>もう貸しませんので、出て行ってください。と言えば良いのでしょうか。

口で言うのは以前からしているのですが、効果がありそうに思えません。

 

→住所がわかれば、書面で行うのが一般です。わからない場合は口頭でよいと思います。当事者間の信頼関係を著しく破壊する背信行為があったというのが理由です(無催告解除 。我妻債各中1【655】)。

 

>>横領罪での告訴状を作成し、返済をするならば告訴はしないといった流れでしょうか。

それとも、告訴もしますが、返済もしてくださいという流れでしょうか。

 

→基本的にはお父様のお決めになることですが、被害額が多額の場合、告訴よりも返済させるほうがよいように思います。すでに被害額の何%かは返ってきている場合、何%まで返したら、宥恕(許す)できるかを視野に入れてください。

 

 >>告訴する際は、無断で売り払われた物の金額や商品名等も資料として

必要でしょうか。既に手元にないものなので詳しく書けないものもあるのですが。

大部分は売られて行方不明ですが、2人組が一部買い戻して戻ってきたものもあります。

 

→物品が不明の場合は、横領にせよ窃盗にせよ財物罪ですから、被害物件の確定は必要です。不明のものは「盗られなかった」としてあきらめるか、二人組みから聞き出すことです。

 

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

>住所がわかれば、書面で行うのが一般です。わからない場合は口頭でよいと思います。当事者間の信頼関係を著しく破壊する背信行為があったというのが理由です(無催告解除 。我妻債各中1【655】)。

 

→住所は今住んでいる場所ですから、送るとしても父の家になりますが

書面と口頭で違いがあるのでしょうか。(例えば、催告した日を証拠を残す等)

また、2人組がそれに応じず、いつまでも居座る状態であれば、不退去罪になるかと

思われますが、

『退去の要求をうけたにもかかわらず居座っている者に対して、食糧を供給するなどし、その者の居座りを助けた場合には、不退去罪は継続犯であるから、同罪の共犯となる。(wikipediaより引用)』とあります。2人組は家に居るわけですから、家の物を勝手に食べれるわけです。その場合は、父は共犯になるのですか?

 

 

>物品が不明の場合は、横領にせよ窃盗にせよ財物罪ですから、被害物件の確定は必要です。不明のものは「盗られなかった」としてあきらめるか、二人組みから聞き出すことです。

 

→被害物件の確定は、その物件が家にあったという証拠ですか?

(何時何分までに存在していた。購入した物の金額の証明等)

要約すれば、勝手に売られたもので、そこにあった証明がなければあきらめるしかないが(基本的にこまめに写真を撮ったり、購入時のレシートを保管していない為)

、2人組が売り払ったものを聞き出し、その時の声を録音でもしておけば被害物件の確定となるということでしょうか。

 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>書面と口頭で違いがあるのでしょうか。(例えば、催告した日を証拠を残す等)

 

→書留や配達証明をつければ、確かに通知したという証明にはなります。

 

 >食糧を供給するなどし、その者の居座りを助けた場合には、不退去罪は継続犯であるから、同罪の共犯となる。(wikipediaより引用)』とあります。2人組は家に居るわけですから、家の物を勝手に食べれるわけです。その場合は、父は共犯になるのですか?

 

→確かに継続犯ですから、法益侵害の継続している間犯罪は継続しますが、これと共犯成立の成否は必ずしも結びつきません。継続犯というのは状態犯に対する概念で、状態犯とは、一定の法益侵害の発生によって犯罪は終了し、それ以後法益の侵害されている状態が継続しても、もはや犯罪事実とは認められないもの(窃盗罪、横領罪)をいいます。

 

 さて、食糧を提供するなどして、その者の居座りを助けた場合は、幇助犯(共犯の一種、共犯には、共同正犯、教唆犯(そそのかす)、幇助犯(助ける))ですが、お父様が犯人が家のものを食べるに任せている場合は、これだけでは幇助犯とはいえないと思います。

 

 >被害物件の確定は、その物件が家にあったという証拠ですか?

(何時何分までに存在していた。購入した物の金額の証明等)

 

 

 >何時何分まで存在していたことまでの証明は不要です。

金銭的価値のわかるもの、年式など、おおまかなところでよいのですが、物品名、色、形状、個数、など詳しければ詳しいほどよいでしょう。

>要約すれば、勝手に売られたもので、そこにあった証明がなければあきらめるしかないが(基本的にこまめに写真を撮ったり、購入時のレシートを保管していない為)

、2人組が売り払ったものを聞き出し、その時の声を録音でもしておけば被害物件の確定となるということでしょうか。

 

 →自白で物品がわかるか、買取先でデータがわかるなら、教えてもらうことです。贓物(盗品)であること、もしそれを知りながら買い取ったことがわかれば、買取先も犯罪になる(贓物故買罪刑256条)を言えばよいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.
度々返答ありがとうございます。

もう一つ不明なことについて質問させて下さい。

黙示の賃貸借契約の破棄(解除)について、書面で行うのが一般的とありますが

書面のフォーマット、書く内容等決まりがあるのでしょうか。
書面の名前・記載する内容(名前、住所、記入日、など)
例えば、題名だと、賃貸借契約の破棄(解除)について 等

例を添えて教えていただけないでしょうか。
お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

  以下のような内容のものが考えられます。

 

  建物賃貸借契約解除通知

 

 都道府県市町村番地

 

 A殿及びB殿

 

 貴殿らと私との間で黙示に成立していた後記建物賃貸借契約について、貴殿らが私所有の物を無断で売却する行為等、信頼関係を著しく損なう背信行為があったため、同賃貸借契約を本日限り解除します。

 

 つきましては、本書到達後7日以内に後記建物から退去すること、売却して得た代金相当額を返還することを要求します。 この要求が入れられない場合は、貴殿らを横領罪(刑法第252条)で告訴する用意があることを申し添え警告いたします。

 

 建物の表示

 

 所在

 

 家屋番号

 

 種類

 

 構造

 

 床面積

 

 平成 年  月  日

 

   住所   都道府県市町村番地

 

   氏名   甲野太郎   印

 

kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    41
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    41
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    31
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png bhsy202 さんのアバター

    bhsy202

    弁護士

    満足した利用者:

    134
    弁護士
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    16
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3317
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

刑事告訴・告発 についての関連する質問