JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

息子とその友達のA君とB君の3人が絡んだ問題です。 A君が夜の駅で自転車を盗んだときに息子はそれを目撃しました。

質問者の質問

息子とその友達のA君とB君の3人が絡んだ問題です。
A君が夜の駅で自転車を盗んだときに息子はそれを目撃しました。
A君は親に不審に思われないようにB君の家の前に盗んだ自転車を置いておきました。
息子はそれを知りませんでした。
息子は自転車を2台持っていますが、1台は雨のために駅に置き、もう一台はパンクしていました。
A君はB君の家にいて息子に遊びに来いと言いました。
息子は自転車がないから行けないと言いました。
A君は自転車を貸してやるから親に車でB君の家まで送ってもらえと言いました。
私は息子をB君の家まで車で送って行きました。
息子は借りた自転車で3人で遊びに行き、その自転車で夜に帰宅しました。
B君の家の前には同じ色の自転車が2台ありました。
息子は借りた自転車が盗品だとは思いもしませんでした。
似たような自転車は世の中にたくさんあり、夜に一度見ただけで覚えることなどできないと言いました。
A君は盗んだときに息子が見ていたので盗品と知っていたはずだと警察に言いました。
警察は自転車が古くて鍵も付いていないのだから見ただけで盗品と気がつくはずだと言いました。
息子は盗品とは思いもしなかったが、盗品と気付かなかった自分が悪かったと考え、認めてしまいました。
声が大きく威圧的な態度の警察に対して、理解してもらうのは無理だと思い、身柄を引き取るために
妻は署名捺印をしました。
昨晩のことですが、撤回することは可能でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
息子さんが認めてしまった、ということは書面(調書)になっているのでしょうか。

奥様が署名捺印したというのは、身柄引き取り書だけでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答1 息子が認めたことは書面になっていました。

回答2 身柄引き取り書だけに署名捺印しました。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
まず、結論から申し上げると撤回すること自体は可能です。

ただし、いったん認めてしまい、それが書面として残っていること自体は否定できません。
いったん認めてしまったことが調書になってしまい、
刑事裁判で証拠になり、えん罪を生んでいることは、ご承知のとおりです。
今回は、その調書が作成された経緯等をしっかりと説明する必要があります。
つまり、
「警察官が怖かったので認めてしまった」
「早く帰りたかった一心で認めてしまった」
「夜だったから、A君が盗んだ自転車はよく見えなかった」
などの、息子さんの言い分をしっかりと貫く必要があります。

また、古くて鍵がついていないからといって、それが盗品であるとも限りませんから、警察官が「友達の自転車くらいわかるだろう」「2台あって変だと思わなかったのか」など、いろいろと理由をつけて、「盗品だったと知ってたんだろう?」という決めつけに屈しないことが重要です。

仮に自転車が見えていたのだとしても、
「自転車は2台あったのだから、そのどちらかまではわからなかった」など、
息子さんには言い分が多く考えられそうです。

A君の言い分と、息子さんの言い分が食い違っており、とてもつらいことです。
しかし、A君に罪をなすりつけるわけではありませんし、息子さんが強い意思をもって取調べに臨むようにしてください。

こちらの対応としては、警察からの連絡を待ってもいいのですが、
息子さんの言い分がかたまったのであれば、こちらから警察に連絡をして、
「再度取調べをして、調書を作成してほしい」と言い、
息子さんの言い分に沿った調書を作ってもらうようにしてください。
また、親御様が取調べに同席できるように頼んでください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
「声が大きく威圧的な警察に対して、理解してもらうのは無理だと思い、身柄を引き取るために妻は署名捺印をしました。」とはっきりと書いたはずです。それなのに、「警察に連絡をして、再度取調べをして、調書を作成してほしいと言い、息子さんの言い分に沿った調書を作ってもらうようにしてください」との回答です。それができるくらいなら相談はいたしません。状況を全く理解していない非現実的な回答です。

刑事告訴・告発 についての関連する質問