JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

刑事事件の質問です。 Aさんを告発しました。 M警察署のBという刑事が、Aさんの家に行ったのですが、その際に

質問者の質問

刑事事件の質問です。

Aさんを告発しました。
M警察署のBという刑事が、Aさんの家に行ったのですが、その際に私の名前の入った告発状を私の名前を伏せずに、被告発人に見せました。

それにより、被告発人に告発したことが分かってしまいトラブルが発生しました。

このような場合、B刑事に法律的に罰を与えることが出来ないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。

 

難しい問題です(難しいというのは、B刑事に罰を与えること、がです)

 

ちなみに何点かお教えいただけませんでしょうか?

 

①告訴ではなく、告発ですね?どのような内容の告発でしょうか?

②告発時に告発人匿名を依頼しましたか?もしくは警察から顕名・匿名の説明や確認はございましたか?

③Aさんとのトラブルですが、できる範囲で結構ですので具体的に教えていただけますか?

 

お手数をおかけして申し訳ございません。ご返信いただけたら幸いです。

何卒宜しくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

1.について

ちょっと申し上げられません。

 

2.について

そのようなことは一切聞かれていません。

 

3.について

被告発人が隣近所へ言って回っているようです

 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

労働関係の告発でしたら公益通報者保護法の対象になるかな、と思い確認をさせていただいたのですが。

状況がほとんど把握できませんので、私では回答申し上げることができませんので、このまま引き続き他の専門家にご相談を公開いたします。

他の専門家の回答をお待ちいただくことになりますので、何卒ご了承ください。

私はこれで失礼いたしますが、ご相談者様のお悩みが無事に解決されますことを心よりご祈念申し上げます。

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>被告発人に告発したことが分かってしまいトラブルが発生しました。

 

>被告発人が隣近所へ言って回っているようです

 

 

→質問者様は被告発人の処罰を望んでみえないのでしょうか?処罰を望んでいられる場合は、被告発者が逮捕され、裁判にかけられ、刑事罰を受ければ、質問者様の目的は達したことになります。

 

 被告発人が野放し状態のまま、野犬のようにそこいらを飛び回って大いに迷惑している、ということだと思います。

 

 返り血のようなものだと思います。自分の手を汚さずに人を痛めつけるのですから、そうそううまい話ばかりはありません。こういうバカな刑事も出てきます。

 

 →刑事(警察)に対しては国家賠償請求が考えられます(国家賠償法第1条1項)。しかし、これは公務員個人の責任追及の制度ではありません。非常に手間隙もかかるし、あまりお勧めしません。

 

 他に公務員職権濫用罪(刑193条)があります。「公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したとき」が構成要件ですが、後段の告訴を思いとどまらせた場合とも少し違います。

 

 では、証人威迫罪(刑105条の2)はどうでしょうか。「自己若しくは他人の刑事事件の捜査若しくは審判に必要な知識を有すると認められる者又はその親族に対し、当該事件に関して、正当な理由がないのに面会を強請し、又は強談威迫(強談とは、相手方に対して、言語をもって、強いて自己の要求に応ずべきことを迫ることをいい、威迫とは、他人に対して、言語・動作をもって気勢を示し、不安・困惑の念を生じさせることをいう(大判大11.10.3))の行為をした者」

 

 同条はお礼参りを防止する趣旨の規定です。告訴人ではありますが、本罪の趣旨からして、告訴人を除くと解すべき理由もないからです。

 

 

 

 告訴を取り下げ(この場合は更に告訴することはできません 刑訴第237条2項)、別のものに告発させる(刑訴第239条1項)のも一つのやり方ではありますが、この場合は密告や匿名で行うことはできません。

 

 発端のトラブルですが、おそらく刑事罰を与えるほどのことでない場合(可罰的違法性がない場合)は、民事事件で訴えたほうがよいでしょう。

kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1380
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問