JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

路上で自転車同士がぶつかり、喧嘩になりました。(私は母と一緒に勤務先に行く途中) 結果として私は頸部座礁となり、治

解決済みの質問:

路上で自転車同士がぶつかり、喧嘩になりました。(私は母と一緒に勤務先に行く途中)
結果として私は頸部座礁となり、治 療中です。(相手も同じ勤務先ですが、知らない女性)
相手を警察に訴えたところ、相手は逆に「自分のほうが殴られて、被害者だ。」と言っています。
その女性は友人らいき男性を連れてきていました。
警察は私と母に対して「暴行罪」だ、と言って私をまるで加害者扱いです。

とても許せません。刑事告発をしてでも、正当性をはっきりさせたです。
どうしたらよろしいでしょうか。
どうかアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 自転車事故の過失割合と後のケンカの責任の有無をごっちゃにして論じています。

 

 後者については、喧嘩両成敗で、いずれの責任とすることもできません。取っ組み合いのケンカからもう一方が武器をもって殴りかかってきた、というようにそれまでの対等の闘争過程が断絶したといえる場合を除いて(この場合はケガさせても正当防衛で違法性阻却します)、そうです。

 

 告訴はやめられたほうがよいでしょう。逆にこちらの非ばかりつつかれて蒐集のつかないことになります(その前段階で、まず受理してもらえない)。それより自転車事故の過失割合をはっきりさせること。これがはっきりしていたら、ケンカにもならないはずです。

 

 そもそもなんでいきなりケンカになるのですかね。「おけがなかったですか」、と聞くのが普通ですが・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

少し、説明不足があり誤解をされてしまいましたので、詳細にご説明します。ご確認ください。

自転車は、すれ違い様、危なかった状況があったが、ぶつかってはいません。

その際、相手が「汚い罵詈雑言を私に浴びせ、大声で怒鳴っていた。」のです。そこに、

すぐ後ろを走っていた母が相手の自転車の横に止まって、「どうしたのですか!?」と聞いた

ところ、なにやら大声を出しながら、突然母を殴ったのです。

私はびっくりしてその場所に戻って「何をするのですか!」というや否や、今度はいきなり

私の髪の毛をつかんで思い切り引っ張っり回したのです。

何がなんだかわからない状況の中で、私は髪の毛をつかまれながらも必死で抵抗をし、

もつれて二人は一緒に倒れこみました。

このような状況にありながら、相手はこともあろうに「助けて!助けて!」と大声を出して

いました。そこに、会社の同僚(知り合いの男性)が通りかかり声をかけてくれたので

つかんでいた髪の毛を離し、やっと私は立ち上がることができました。

私は29歳の主婦です。相手は30代の女性。私も相手も中国人です。相手は日本語がほとんど

はなせません。わたしは、大体のことは話せます。

私は遅刻しそうだったので急いで会社にいきました。しかし、次第に頭や首が痛くなってきて

上司にそのことを伝えると、「すぐ病院に行きなさい。」といわれ救急診療をしてもらいました。

結果が、「頸部挫傷」という診断です。

そして、交番に届けたら「刑事事件」だから警察署に行きなさいといわれ、翌日相手方と

一緒に大森警察署の刑事課にいきました。

調書を取るにあたって、相手はありもしない事実を(たとえば、わたしは何もしていないのに

母子二人で殴られ、倒された。」と語っていました。(中国語の通訳から聞きました。)

私は、このためにその後会社を3日休んでいます。また、治療に何日かかるかわかりません。

「喧嘩両成敗」というわけにはできません。相手は、嘘ばかりを言ってます。

泣き寝入りしないといけないのでしょうか?どうしても納得できないのです。

長々と、書きましたがどうか適切な回答をお願い申しあげます。

 

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 原則書面で提出していったほうがよいでしょう。調書だけでは不足ですから、「上申書」を出してください。

 

 民事的には、休業損害については一日の賃金額を計算すること、治療費、精神的苦痛の慰謝料等を

 

損害賠償請求書として加害者に送付します(自賠責保険の請求書を参考にしてください。エクセルで、領収書のコピーを添付)。

 

 刑事的には、正式に告訴状を提出します。5H1W(who(誰が) what(何を) when (いつ)where(どこで) why(なぜ) how(どのように))に気をつけること、犯罪構成要件を踏まえてかくこと、いずれも代書屋に頼めば書いてもらえます。

 

 

>母が相手の自転車の横に止まって、「どうしたのですか!?」と聞いた

ところ、なにやら大声を出しながら、突然母を殴ったのです。

 →暴行罪

 

>私はびっくりしてその場所に戻って「何をするのですか!」というや否や、今度はいきなり

私の髪の毛をつかんで思い切り引っ張っり回したのです。

何がなんだかわからない状況の中で、私は髪の毛をつかまれながらも必死で抵抗をし、

もつれて二人は一緒に倒れこみました。

 

 →傷害罪

倒れ込んだ結果、頸部挫傷を負い、両者に因果関係もあります。

 

 客体が別なので、時間的場所的に接着しても別罪。

kionawakaをはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問